投資で勝負!
投資で勝利を勝ち取ろう
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

相場塾 | 日経225先物・株式投資スクール≪公式サイト≫
他力本願でワープ投資を実現










相場塾 | 日経225先物・株式投資スクール≪公式サイト≫




相場塾 | 日経225先物・株式投資スクール≪公式サイト≫






日経225先物・株式投資スクール相場塾。基本から勉強するので初心者の方からロジックや即戦力のテクニックを紹介するのでベテランの方まで。デイトレードやスイングのノウハウ、必勝法をレッスン!儲かる投資法が身につきます。ぜひ相場塾で勝ち組投資家になりましょう。





相場塾TOP














その秘密は、このページで公開しています、
あなたが読み終える頃には
「相場で勝つ道筋」をしっかりと把握しているはずです。

あなたの人生を一変させてしまうインパクトがありますので
このページに書かれていることを、一字一句集中して、慎重に読み進めてください。



重要なことなので先にお伝えしておきますが
もし、あなたが
・相場で勝つための手順が分からない
・損切りを躊躇したことがある
・利食いは難しいと感じた
・心理・精神面が大事だと気づいた

このうち一つでも該当した人には、特に読んでいただきたい内容となっております。




「相場で勝っている人なんているの?」


あなたがこう思うのも無理はありません。
参加者の90%が損をしていると言われています。
周りで勝っている人も聞かないし、勝つことは夢物語なのではないか?
とさえ思うかもしれません。

しかし、参加者のほとんどは、なんの戦略や武器も持たず安易に参加しています。
根拠なく買って、少し上がっただけで利食い、下がれば損切りせずに塩漬け。
これでは、勝てるはずもありません。



狙う動きを明確にすることが勝ちに繋がる


単純な話をすると
どこでエントリーして、どこでイグジットするのか。
これしかありません。

自分はどういう動きを狙っているのか
ということを認識しておくことはとても重要です。

狙う動きを明確にすることによって、無駄撃ちを減らすと同時に
上達するまでの時間の短縮に繋がります。

相場塾で、推奨している有利な局面をこれから解説しますので
ぜひ参考にしてください。






まず、売買は大きく分けると、順張りと逆張りに分けることが出来ます。

そんなこと知っていると言われそうですが
土台となる所ですので、読み飛ばさずに見てくださいね。


順張りというのは、トレンド方向にポジションを建てる売買
逆張りというのは、トレンドと反対方向にポジションを建てる売買

順張りの場合は、トレンドが継続する所で利益につながり、
逆張りの場合は、トレンドが転換する所で大きな利益につながります。

一般的な株価の動きを書いた図です。

Bの高値を超えると上昇トレンド(赤線)、Iの安値を割り込むと下降トレンド(青線)です。

この図で逆張りでの売買は

下落トレンド中に、底値を狙ってAで買う
もしくは
上昇トレンド中に、天井を狙ってHで売る
となります。

きちんと転換を捉えることが出来ると、大きな利益に繋がりますが
実際、かなり難しいですよね。
先ほどの図でも転換したのは、3回だけです。

逆張りは、その難しいところを狙う売買となります。
底値で買ったり、天井で売ったりできれば、自慢にはなるかもしれませんが
自慢する為に売買するわけではありませんね。

逆張りが有効な場面は非常に限られる、のですね。

一方順張りは、赤線の所では買い、青線の所では売ることになります。
トレンドが続く限り、利益につながります。
転換する時でも、この時点で参加者は転換したとは確信できていません。
なので、まだトレンドが続くと思ってもう一度試しに来ます。
その時の動きが、CやJのように2番底、2番天井を形成するということです。
ですので、その時に十分対応できるのです。

つまり、
「順張りは、多くの場面で有効である」
ということです。





逆張りが難しい最大の理由



実は、逆張りというのは、
有効な場面の回数が絞られるだけではなく、
大きな落とし穴があるのです。


逆張りは、下落時に買うことになります。


「もう十分下げた、ここまで下がれば割安なので反発する」
と思って買うのですね。

うまく反発すればいいのですが、更に下がる場合があります。
そうすると、一旦損切りして仕切りなおすべきなのですが
逆張りの場合は、最初に買った時割安として買ったのです。
そこから更に下がるということは、もっと割安になるわけです。


あなたは、もっと割安なのに、損切りできますか?

損切りしたところが底になって反発すれば後悔します。
損切りどころか、買い増すかもしれません。
逆張りの買う理由というのは、売られすぎ、割安という理由だけなのですから。
残念ながら相場はさらに下げています。

資金減少(含み損)・恐怖に耐えられなくなって
ここでようやく損切りし大損することになります。
株式投資だと損切りせずに、塩漬けにして、見なかったことにすると。
一般投資家は、割安という言葉に弱いです。
1万円だったものが8000円で買えるというと多くの人が「買ったらトクなんじゃない」
という事になります。

「損切りがとても難しい。」
これが逆張りの落とし穴です。

利食いの方もうまく底を買えたとしても、
いつ下落トレンドに戻るかもしれない恐怖で小さく利食いしてしまいます。

せっかく、底値で買えたとしても振り落とされてしまうのです。

つまり、逆張りは
チャンスが少なく、利食いは小さくなり易く、損切りはやりにくい。
ということになります。
逆張りで成功するのは、簡単ではありません。

資金がいっぱいある人は、ナンピンでどんどん買い増ししていけば
そのうち反発して取り返すことが出来るかもしれませんが
それだけ資金があるのなら、損切りして他の銘柄に投資する方がいいでしょう。




それでは、順張りの場合です。



上昇トレンドが続いている状態とします

順張りのエントリーポイントは、A~Dとなります。
A,Cは、先の高値のブレイク前、B,Dはブレイクの時にエントリーとなっています。

順張りの前提は、トレンドが継続していることですのでトレンドが転換となれば、
エントリーの理由がなくなりますので、損切りすることになります。
順張りの損切りは、明確です。

a地点、b地点を割ると損切りです。
転換する時は、必ずその地点を割り込みます。

利食いの方は、トレンドが継続している限り持続可能ですので、利益を引っ張ることが出来ます。

つまり、順張りは
「利食いは大きく、損失は限定、しかもチャンスの回数は多い」
ということになります。


以上のことから
勝ち組になる為には、
「逆張りをやめ、順張りでトレードを行なうこと」
これが第一になります。

もちろん、逆張りを完全に否定するわけではなく、中には逆張りで継続的に利益を得ている方もいるでしょう。
やり方は、個人個人違って当然なのですが、逆張りで成功している投資家は、損切りや精神的に鍛錬された人でごく一部の方でしょう。
ですので、順張りの売買を身につけることが勝ち組への近道ということです。






次のステップに進みましょう



トレンドは 早くて値幅が大きい。
調整(反トレンド)は トレンドに比べると遅くて値幅も小さい。

これは、当然ですね。
調整がトレンドより早くて値幅が大きいと、それは調整ではなくトレンドが転換していることになりますね。

つまり、利益につながりやすいのはトレンドに乗るということです。

図をご覧ください


AとC地点は、調整の動きを見てトレンドに戻る時にエントリー
BとD地点は、先の高値をブレイクした時にエントリー

Aで買うのとBで買うのではどちらがいいのでしょうか。

一つ質問します。
あなたは、損切りをきっちり実行できますか?
損切りするのをためらった事はありませんか?

損切りできるようになるだけで、勝てるようになる
このような人は本当にたくさんいます。


だったら損切りできる売買をすればいいのです。





損切りできると勝ちが見えてくる




損切りできない理由は主に3つあります。

1.エントリー理由があいまい
2.ロスカットが大きくなって損切りできない
3.損切り=負けと思っている

まず、一つ目
1.エントリー理由があいまい

例えば、
上昇トレンドであり上値が見込めるとして買った
ここで前提というのは、「上昇トレンド」ということです。
下落トレンドであれば買っていない
したがって、上昇トレンドが崩れると損切りしないといけないので
上昇トレンドが崩れるポイントが損切りポイントです。
損切りポイントは明確です。

これが、買った理由が
「勢いにつられて買った」
という場合は、どうでしょう。

勢いがなくなれば、損切りすればいいのですが
勢いがなくなるのは、どういう状況なのかの判断基準が必要です。
判断基準があやふやだと、ずるずると損切りしないで反発を待つようになります。
そして損切りできずに損失が大きくなってしまうのです。


今回のAからDの売買ポイントは、

1.トレンドを確認する
2.調整を待つ
3.トレンド方向にエントリー
となっています。

少なくとも、トレンドの動き、反トレンドの動きの二つの動きを確認した後に売買します。
今回のAからDは、エントリー理由が明確なので損切りできる。
ということです。

次に二つ目
ロスカットが大きくなって損切りできない

損失が小さなうちは、受け入れることが出来るのですが
損失が大きくなると、「なんとかして避けることが出来ないか」と考えるようになります。
この場合もロスカットできなくなります。

今回のAとBの違いがここで出てきます。


Aで買うと、ロスカットラインは、aなので損切り幅は小さいです。
一方Bで買うと、aまでの損切り幅が大きくなってしまいます。


Bは前の高値のブレイク売買です。
一見すると、ブレイクを確認してからの売買なので
より確実で、明確なポイントと思われるかもしれません。

しかし、ブレイクの売買は難しい点が出てきます。

Bで買った後、さらに上昇しないと利食いできない。
ということです。
ブレイク売買では
ブレイク後上昇するのか見極める技術と
損切りをきっちりする技術が必要です。
ブレイク売買は上級者向けなのですね。

つまり、
「BよりAの方が損切りに抵抗が少ない」
と言えます。

論理的な損切りする所というのは
「前提条件が崩れた所」
これしかありません。
前提条件が崩れていないのに損切りすると、後で後悔します。
前提条件が崩れているのに損切りしないとなぜ売買したのかに矛盾が出ます。




Aは、調整の後、トレンドに戻った時にエントリーする、待ち伏せ売買です。

うまく上昇すると、大きな値幅を利食いができます。
買った後すぐに下落したとしても、ロスカットラインが近いので、小さな損失で収まります。
前の高値をブレイクしなかった場合でも、高値を試しに行くことがほとんどなので
試しに行く段階で勢いを見て対応できます。





「リスクが小さく、リターンが大きい、しかも勝率が高い」その局面とは?





「リスクが小さく、リターンが大きい、しかも勝率が高い」その局面というのは、
1.トレンドを確認する
2.調整(反トレンド)を待つ
3.トレンド方向に戻り出した時にエントリー

図のAで買うことが答えなのですね



狙いを絞って
徹底的にAで買う為の研究をする。
これが遠回りもせずに、「相場で勝つ道筋」です。




そもそも、トレードというのは、参加者にエントリーの自由が与えられています。
しかも有利と思った時だけ参加できるのです。

競馬であれば、スタートする前にどれを買うのか決めておきますよね。
当たり前です。

しかしトレードは、スタートした後から買ってもいいのです。
第3コーナーをすぎてから、先頭の馬を買ってもいいのですよ。
しかもゴールまで見なくてもいいのです。
第4コーナーで売ればいいのです。
勝てますよね、簡単でしょ(笑)


あなたは、
「リスクが小さく、リターンが大きい、しかも勝率が高い。」
有利な局面を知ることが出来ました。

有利な局面に絞り、待ち伏せ売買していくことによって
遠回りせずに勝ち組に入る道筋が見えてくるはずです。

そうです、遠回りをしている暇はありません。

資金をなるべく減らしたくない人は早く上達する必要があります。
悠長に構えていると上達する前に資金が尽きてしまいます。
なるべく早く収支トントンのレベルまで上達しておく。
資金の減少を食い止めておけば、あとは経験を積むことで勝てるようになっていきます。
ほとんどの人は、その前に強制的に退場させられるか、相場は怖いと言いながら辞めていくのです。

今回、狙うべきポイントをあなたにお伝えしました。

しかし、今回お伝えした内容ですべての問題が解決するわけではないはずです。

待ち伏せ売買=勝ち組に入る近道
と言われて、明日から勝てるようになるのは困難です。

もっと具体的に知りたいですよね。

・そもそもトレンドの判断基準は
・調整の動きの判断は
・売買するタイミングの具体的な動き

他にも

・利食いはどうすればいいのか
・時間軸はどうするのか
・チャートの見方は

などいろいろな「分からない点」があります。

今回ここで、大事なポイントをお伝えしました。

普通なら大事なポイントは隠してセールスしますよね?

でも今回は違います。

今回、あなたにお届けする相場塾は

「リスクが小さく、リターンが大きい、しかも勝率が高い。」
という有利なポイントの秘密を教えるのが目的ではなく、
「あなたに理解していただくだけでなく、実践できるようになっていただきたい。」
との思いから開講している塾なのです。

だから秘密は教えました。

あなたの望む結果と言うのは
「相場で勝ち組に入る」ということのはずです。

秘密を知って知的好奇心を満たして満足することではありませんよね?

本当に手に入れたいのは、結果のはずです。

あなたが、もし
「具体的にどうすればいいのか分からない」
「出来る限り、早く上達したい」
と感じているのならば、心から相場塾をお勧めします。

相場塾は、早くあなたに実践で結果を出してもらうことに集中しています。

ぜひ、この機会に第一歩を踏み出してください。









知識をつけるのが目的ではなく、実践で結果を残すことに集中しているのが相場塾と言いました。
その為に、
実際の相場を元にした、講師の売買分析や判断の根拠
が一番有益な情報になるはずです。
過去にあてはめただけの分析では、理論は学べても実践で使うことは困難です。
この日々メールが、マニュアルから実践への対応、応用に理解が深まります。

こちらは、3人の講師が週替りで担当します。
相場塾で基本を学んだみなさんは、ほとんど同じ場所でエントリーが出来るようになります。
基本に忠実に動くチャートでは利益をあげることが出来るようになります。
しかし、基本を覚えてそれを応用するようになるとエントリーする場所が変わってきます。
3人の講師は、相場の原理原則の部分では共通の考えを持っていますが
得意技はそれぞれ異なります。
野球で言うと、変化球が持ち味の投手、ストレートが速い投手、先発型やリリーフ型の投手。優秀なプロでもそれぞれの持ち味があります。
3人の講師がいることによって、あなたの売買の幅が広がることに役立つはずです。


チャートのセオリーは、個別銘柄、日経225先物、FX、商品などすべてに有効です
相場塾では、主に日経225先物で解説しています。

日々メールでは
当日のチャート分析、売買、考え方
セオリー等の解説
翌日以降の考え方、シナリオ、戦略
投資の心構え
会員様からの質問と回答
日経平均の上値下値目処
ベーシックプランについて

このような内容になっています。

講師のノウハウはすべてさらけ出しています。

相場のある日は毎日届きます。
その日の相場状況に応じた内容になっています

だいたい2500文字~4000文字ぐらいの内容です。
少なく見積もっても、原稿用紙5枚以上の文量が毎日届きます。
多い日は、6000文字以上の日もありますので
読み応えがあると思います。








あなたの疑問にお答えするのはもちろん
他の会員様の質問も会員全員で共有します。

最初の頃はどう質問していいのか分からなかったり、疑問に気づいていなかったりします。
ですので、他の会員様の質問を全員で共有するようにしています。
「他の人の疑問を聞くと、自分でも気がついていなかった視点や疑問が浮き彫りになり、新しい発見が見つかった」という声をよく聞きます。
他人の考え方から学ぶことは非常に多いのです。









日々メールが実践を主にしているのに対して
直伝メール、黒帯メールは、知識が主となります。

相場のセオリーや理論、テクニックについて学びます。

直伝メール(全60回 月20回×3ヶ月 1~3ヶ月目)

直伝メールでは、効率的に勝ち組に入るための内容となっております。
具体的には、

1.狙うべき局面を知る
2.チャート分析力を身につける
3.成績の向上、安定を計る
4.ぶれない売買をする

この4つになります。

まず、「1.狙うべき局面を知る」というのは
このページでも公開した内容をさらに詳細に学びます。

すべての局面で利益を狙う必要はないということです。
相場で飯を食っている人といえば、どんな局面でも的確に状況判断して
利益に結び付けているというイメージがあるのかもしれません。

相場には、難しい局面と簡単な局面があります。
難しい局面にあえて手を出す必要はありません。
買う・売るということのほかに、見送るという選択肢があります。
仮に、難しい局面で勝てば簡単な局面で勝つときよりも、配当が10倍になる。
というのなら難しい局面にチャレンジする価値があるかもしれません。
しかしそういうことはありません。簡単な局面であろうが、難しい局面であろうが、値幅が利益と言う事は変わりません。
でしたら、簡単な局面に絞って売買するほうがいいのです。

野球で言えば、ど真ん中ストレートを打つことに絞ります。
すべての球を打ちに行くから打てないのです。
外角の球や、カーブを狙うのは
ど真ん中ストレートが打てるようになってからで十分です。
まずは、狙いを絞るということが上達を早めます。

こういった点を踏まえて、まず、狙うべき動きとはどういう動きなのか。
ということを知ることが大切になってきます。


狙うべき動きが分かれば、「2.チャート分析力を身につける」です。
チャート分析力と言うのは、トレンド判断や、波動、収斂拡散、支持抵抗、テクニカル指標の見方やセオリー等を研究していくことですね。
ここは、多くのチャートを見たり、経験を重ねたりする必要があり、どうしても時間を必要とします。
しかし、1で狙うべき動きを絞っていることにより、余計な局面やテクニカルを研究する必要がなくなり、集中して短期間に上達することが可能になります。
また、チャート再生ソフトを使えば、1日で多くの経験ができます。
例えば、1日で10日分再生すれば10倍上達を早めることができるということです。

漠然とチャート分析をしてもなかなか上達しにくいですが、狙うべき動きを把握しておけば余計な動きに惑わされずにチャートを見ることができるようになります。


次は、「3.成績の向上、安定を計る」です。
多くの人は、これをやっていません。
それは、ポジション操作です。
実は利益の源泉は、ポジション操作といっても過言ではないと思っています。
相場を続けていく、また利益を積み上げていくにあたって
成績の安定が大切になってきます。
勝率を上げ成績も向上する手法、それが分割売買です。
実は、エントリーよりも利食いの方がとても難しいのですが
その難しさを軽減してくれるのが分割売買です。
なんといっても売買に気楽さを生み出す事もできるのです。

分割売買というのは、その名の通り
何回かに分けて売買していく手法です。
1回目の利食いでコストをカバーし
2回目の利食いで利益を確保、
残りは、出来る限り引っ張って利益を膨らませる。


最後に、「4.ぶれない売買をする」です。
いままでの3つで勝つ投資家になることが見えてきます。
しかし、勝ち続ける投資家になる為には、心理、心構えを学ぶ必要があります。
例えば、
コツコツと利益を積み上げていたのに、大きな損一発で今までの利益を吐き出してしまう。
損切りの後は、今までどおりのエントリーができなくなる。
場の雰囲気に流されてしまう。

こういったケースは、勝つための心理を身につけていない為がほとんどです。
相場参加者の9割が負けてしまう理由というのも心理が密接に関係しています。
ぶれない投資家になることで勝ち続ける投資家になることができます。

以上が直伝メールについてです。
このように直伝メールは、4つのステップで勝ち組に入る内容になっています。

直伝メールが修了すると、黒帯メールにステップアップします。

黒帯メール(全60回 月20回×3ヶ月 4~6ヶ月目)

黒帯メールのメインテーマは
・売買の幅を広げること
・精度を上げること
この二つです。
黒帯を学ぶことで直伝の習熟度も高まります。
実践ですぐ使えるテクニックも多く出てきます。

トレンド転換の動き
シナリオ売買
エントリー応用編
パターン分析
ギャップの対応方法
ジグザグパターンの対応
波動の関係
調整の深さ
足型や板の見方
テクニカルや時間軸の使い分けのコツ
システムトレードの作成
システムトレードを基にした裁量売買
トレードチェックリスト
相場の心得、考え方(その2)

・・・・・・・
以上
実践から学ぶ「日々メール」
知識を身につける「直伝・黒帯メール」
会員全員で質問を共有する「メールサポート」
この3つが相場塾のメインコンテンツとなります。



ここからは、ボーナスとなります。

気合の入ったボーナスをご用意させていただきました。
ボーナスと言っても「おまけ」感覚ではなく、1つ1つが有料で販売しても喜ばれるぐらいの質になっています。








相場塾では、裁量売買を学びます。
ロジックがボーナスということは、システム売買なの?と思われるかもしれませんが
このロジック実は、相場の原理原則に沿ったルールで作られています。
つまり、そのままシステムとしても運用できますが、裁量売買として利用できるのです。

このロジックの結果は、日々メールでも公開しているのですが
もう2年以上経過しても変わらぬパフォーマンスを続けています。

儲けながら、学んでほしい。
そんな思いから始めたボーナスです。

このシンプルで機能しているロジックが最初のボーナスとなります。
ロジックは完全公開です。こちらはソフトではありません。









毎月1本の検証レポート(全7本)
毎月テーマを決めて検証レポートが届きます。
検証結果はもちろん、これから自分でシステムを作成してみようという方には
ぜひお役立ていただきたいボーナスとなっています。
過去に有料で販売していた分も含まれています。


以上がボーナスになりますが、今回はもう一つお知らせがあります。





取っておきのボーナスをご用意しました


1年以上前から温めて来たのですが、今回ようやくお渡しできる準備が整いました。
一部の会員の方からは早く公開してほしいとの声をいただいていたのですが
バックテスト、フォワードテスト、実運用と段階を踏んで準備しておりました。
お待たせしました、いよいよ公開です。

先にお断りしておきますが
こちらのボーナスは、予告なく終了させていただく場合がございます。
終了の場合は、告知なく削除させていただきます。








スペシャルボーナスは、自動売買システムです。
いい時代になりました、パソコンから自動で注文して返済までやってくれます。
あなたがやることは、朝にセットするだけ。
あとは引けまでやることはありません。
会員期間中は無料でご利用いただけます。




<自動売買戦略【TRUST ONE】成績>
検証期間:2007/01/04-2010/05/21
※成績にはバックテスト、フォワードテスト及び実運用期間を含む


総損益
+10305円


勝率
67.12%


平均損益
27.26円


最大ドローダウン
-275円


総収益/総損失(PF)
2.87




成績には、手数料およびスリッページは含まれていません。
下記スリッページ及び手数料を考慮して計算をしてください。
1回当たりスリッページ  約2.5円
手数料ラージ1枚往復   1050円

日経225先物mini 1枚の場合の総損益は100倍になるので+1,030,500円、
ラージ1枚の場合はminiの10倍計算で+10,305,000円です。








デイトレシステムの為、その日のうちに決済するので
持ち越しのリスクがありません。

自動売買の他、シグナルのみ表示することも可能です。
2007年から現在までの成績をご自身のパソコンで確認することが可能です。

念のためもう一度言っておきますが
このスペシャルボーナスも無料です。
自動売買ソフトと言えば、月2、3万はざらで、高いものはもっとします。
これも「儲けながら、学んでほしい。」という思いからボーナスにしましたので
私たちの気持ちを受け取ってください。

ただし、2点お断りがございます。
自動売買システムは、トレイダーズ証券のトレードスタジアムを利用します。
1点目は、トレイダーズ証券の口座が必要となること、
2点目は、トレードスタジアムのプログラム利用料が別途必要ということです。
利用料は、5250円/月です。(2010年5月現在)
使用環境、利用条件等はトレイダーズ証券HPでご確認ください。




ボーナスは以上です。
ボーナスの内容は、システム関連のボーナスになっていますので
裁量に関するボーナスがないと思われるかもしれませんね。

それにも理由があります。

それは、ボーナスではなく、メインコンテンツである
日々メール、直伝・黒帯メールで講師のノウハウはすべてさらけ出しているからです。
惜しみなくどんどん出していっています。

以上長くなりましたが、相場塾のコンテンツの説明でした。

毎日送られてくる日々メールですが
相場が引けてから書き始めて、作成に3時間以上かけて作っています。
他にも構想を考える時間も相当な時間かけています。
時給1000円としても、100時間働けば10万円
さらに、直伝メール・黒帯メールは1年以上かけて熟成しました。
これらの価値は、100万円を超えるのではないかと確信しています。

実践対応力を磨く「日々メール」
効率的に勝ち組に入るために学ぶ「直伝メール」
さらにステップアップを目指す「黒帯メール」
他の会員の疑問も共有できる「メールサポート」
さらに、高勝率のロジック、検証レポート、自動売買といったボーナス郡

ボーナス郡だけでも10万円以上の価値はあるでしょう。

さてあなたはいくらの価格をつけますか?

あなたが結果を出す為に必要なものはすべて揃っていて
あとは行動するだけになっています。

我々講師陣も全力でお伝えしていきます。
それだけに、購読料の方も安売りはしたくありません。
ただし、儲ける人をたくさん育てたい。というのに購読料が負担になって
参加できないというと私達の意図するところではありません。

相場を学ぶところといえば、セミナーや学校でしょう。
セミナーの費用といえば、短時間のものでも1万円、通常2.3万はします。
合宿など数日間のプログラムをやっている所もあるようですが数十万単位になります。
この相場塾で、セミナー形式を取れば、とんでもない金額になってしまうでしょう。

セミナーももちろん有用なのですが、場所代や準備、スタッフなどなにかとコストがかかります。したがって費用が高くなるのは、しかたがないことなのです。

相場塾は、メールでの講座にすることによって、低価格の購読料を実現いたしました。

月額 21000円で提供します。

「間違いなく21000円なら安い」と思ったのでこの価格になりました。
我々講師陣も全力を尽くします。

我々も納得でき、あなたも納得できる。
「安売りし過ぎてるな・・・」とか思って売っていたら、絶対どこかで手を抜きますよね?

我々が提示して価格以上に価値を感じてくれているならば
間違いなく入会するでしょう。
逆に、価値がないと思えば入会しない方がいいでしょう。

入会する、入会しない。
どちらにしても、決断するのはあなたです。

じっくり考えて、正しい選択をしてください。

双方が納得してこそ、全力を尽くせるでしょう。





最後にまとめておきます。



購読料は、月額21,000円(税込)

支払い方法は、カード決済(毎月払い)
となり、

相場塾にご入会いただくと

メインコンテンツ1
実践対応力を磨く「日々メール」
月~金(休場日は除く)

メインコンテンツ2
他の会員の疑問も共有できる「メールサポート」
随時

メインコンテンツ3
効率的に勝ち組に入るために学ぶ「直伝メール」
全60回 (月20回×3ヶ月 1~3ヶ月目)

さらにステップアップを目指す「黒帯メール」
全60回 (月20回×3ヶ月 4~6ヶ月目)



さらに

ボーナスコンテンツ1
原理原則に沿った「高勝率のロジック」
入会時

ボーナスコンテンツ2
マンスリー検証レポート
全7本(月1本)

スペシャルボーナスコンテンツ
自動売買戦略ファイル
会員期間中無料(※)(※ただし、トレードスタジアムのシステムトレード機能利用料(5250円/月)は別途必要

以上の内容を手に入れることが出来ます。






「どうやったら勝てるのかが分からない」
あなたがこう悩むのも無理はありません。
あなたの近くで、相場で飯を食っている人はいるでしょうか?
そのノウハウを教えてくれる人はいるでしょうか?

もしいるのなら、なんとしても会いに行き全力で教えを請うべきです。

例えば、あなたが新しい仕事やアルバイトに就いたときのことを思い出してください。
まず、先輩や上司から仕事について教わったでしょう。

早く仕事を覚えるには、教えてもらうことが一番の近道なのですね。

あなたにとって相場の師を早く見つけてください。
最初に書きましたが早く上達して資金を減らさないようにする必要があります。
身近な人で教えてくれる人を探すか、教えてくれるサービスを利用するのか。
私は、相場塾は他のサービスには負けていないと思っていますが、それを判断するのは私ではなくあなたです。他に気になるサービスがあるのなら申し込んで比べてください。
一日でも上達が早くなるなら、その投資は十分元は取れるはずです。


「飢えた人に魚を与えれば、一日の飢えから救うことが出来る。
 代わりに魚の釣り方を教えれば、一生の飢えから救うことが出来る」

金融市場は、過去も、未来も万人に開かれ平等です。
これほど平等な世界は、ないと思います。

この金融市場をビジネスの場と考えませんか?
ビジネスの場と考えた場合
相場参加者の上位5パーセントになるように
相場に対するセオリー・考え方など皆さんと、
魚ではなく、釣りのやり方を考えたいと思います。

人は、自分で確認した方法にしか従うことができません。
なぜ、教育を受けないのでしょうか?

弁護士や弁理士になろうとする者は、教育の重要性をとても理解しています。
英会話やゴルフ等、職業でない趣味においても、レッスンや教室に通う人も多くなっています。
しかし、不思議な事にトレーディングとなると多くの人が
トレーディングに関する教育は必要ないと思っているようです。

相場で生き残る確率、勝者の割合を考えれば教育は必要ないというのは理解に苦しむところです。
ほとんどの人が、何も教育、訓練せずに相場に参加しています。

何らかの教育を受けずに、弁護士や医者になろうとは思わないでしょうが、
相場に関してはそういう考えにはならないようです。
しかも相場のプロに対して勝てると思っています。

プロはその技術を得るまで、相当な努力をしています。
長年かけて培った技術で利益を得ているのに、何も武器を持たない参加者にみすみすと利益を奪われるのを黙ってみているでしょうか。

トレーディングこそ、教育を受けるべきなのです。
しかも教育を受ける事によって、多額の報酬を得られる可能性があるのです。
トレーダーが授業料を支払う方法は
自主的に進んで支払うか
強制的に支払わされるか
どちらかです。
誰も強制的に支払いたくはありません。
トレードは、音楽や数学者とは異なり天才が出現しません
ある短い期間 幸運が技術をしのぐ場合がありますが
長期的に見れば技術と規律をもった少数のプレーヤーだけが
ランダムな偶然を打ち負かすことができるのです。

逆に、年配の方や女性のゲームだと思っています
忍耐や記憶が大きな資産になるからです

トレード技術を習得せずに急いで大金を儲けようとすれば自滅してしまいます。
トレード技術を習得すればお金は、後からついてきます。

何回も小さいトレードをして経験し 実績を分析するのです
そうすれば、トレードをすればするほどますますスキルアップします。

小さな玉でプレッシャーを減らし、質に専念するのです。
建玉などあとでいつでも大きくすることできます。

十分な経験を積んで
同じ局面・場面で同じ行動が、出来るようになることです

トレードで生計を立てようと志すのなら、時間をかけなければなりません
市場を研究し分析し記録しそれを評価しなければなりません



さて、ここまで色々とお話してきましたが、全て正しく伝わったでしょうか?

あなたにはいつでも正しい判断と決断をして欲しいと思っています。

最終的に判断するのはあなたです。

同じお金を払うことでも、二つに分けることが出来ます。
喜んで払うのか、いやいや払うのか、この二つです。

自分で納得して決断したお金ならば喜んで払います。
自分の意に反して払うお金は小額でも払いたくないはずです。

ですので、ここであなたに、納得の行く決断をしていただきたいと思います。




募集期間と受講開始日のお知らせ


相場塾は期間を決めて募集をさせていただいています。
なぜかというと、相場塾は講師3人で運営をしているので
会員さんからの質問に迅速にお答えするために入会人数の制限を行なわさせていただいております。
今後も3人でできる範囲内の募集人数で運営をさせていただきます。






<募集締め切りのお知らせ> NEW
多くのお申込ありがとうございました。
次回の募集は、6月下旬予定です。
詳細は、決まり次第お知らせさせていただきます。



※募集期間のみ申し込みボタンがクリックできるようになります。












では、会員ページやメール、もしくはオフ会等でお会いできることを楽しみにしています。
最後まで読んでいただきありがとうございました。


注意事項 お申し込み前に必ず確認ください。



お支払い方法

カード決済(VISA, Master, JCB)がご利用いただけます。

※「株式会社infotop」が運営する決済代行サービスを利用しています。
※ベリサイン社のSSLキーを使用していますので、
安心してご購入いただけます。


お支払いのタイミング

お申し込み時に1ヶ月分が決済されます。
2ヶ月目以降は、1ヶ月ごとに自動課金されます。
退会時はご自身で解約手続きをお願いします。
完全自動課金システムですので、わずらわしい手続きはございません。


投資顧問業法2条1項の除外規定
当サービスは日経225先物・株・FX等の取引のトレード技術の研究を目的としています。特定銘柄の推奨及び購入の勧誘を目的としたものではありません。
当社はインターネットを利用し、不特定多数の人が随時観覧可能な情報に関する電子出版に当たりますので投資顧問業務ではございません。当社のHP等の情報は正確な提供を目的としていますが、その完全性が常に保障されるのではなく、その内容に対して当社は責任を負いません。投資の際の最終判断は自己責任にてお願いします。
投資に係るリスクおよび手数料について
当塾は、トレード技術の向上を目的としたものであり、利益をでることを保証する塾ではございません。
日経225先物・信用取引・FXは価格変動リスクを伴い、また証拠金を上回る取引を行うことが
ありますので、場合によっては投資額を上回る損失を被る可能性があります。
該当商品の取引には、証券会社の売買手数料がかかります。

禁止事項

本商品の全部および一部を切り離しての、販売・無償配布・貸与、またはオンラインへのアップデート・インターネット等を使用して送信すること、転売及びオークションへ出品すること、第三者に対し上記の行為を含む本商品の一部、または全部の使用を許諾する行為は営利・非営利を問わず禁止します。同業者のご入会はお断りいたします。











最後に、塾生の方から感想、紹介文を頂戴しましたので、ご紹介させていただきます。



最後の先生にたどりついた   RUBYさま

もっと早く出会いたかった!とも思いますが、今だからこそ出会えたのだと考えようと思っています。最後の先生にたどりついたと思っています。
今まで、3年間パソコンに毎日毎日張り付いて勉強と練習をしてきたつもりでしたが、結局は場の雰囲気にに飲み込まれ泥沼に・・・
私に足りなかったものは、ルールを守るということだけでなく、まだまだ知識が足りなかったのだと実感しています。ここには、私の知りたかったことがぎっしり詰まっていました。そして基本がしっかりとしているので、混乱することはありません。
相場塾では、めちゃめちゃ明るくポジティブな、ついてる仙人先生。優しく穏やかな、はぴはぴ先生。元気でしっかりものの、朝吉先生(皆さん大好きです♪)。
こんな先生方が楽しくわかりやすく相場について教えてくれます。3人のタイプ、手法にも個性があって、自分に合ったのを探す参考にもなります。
この3年間、商材たくさん買ってしまいましたが、ここは絶対お勧めです。中身濃いです。親切です。安いと思います。
デイトレだけでなくスイングにも応用できますよ^^。


自信を持ってお薦めできます!   S・Rさま

僕が相場塾に入る前は結構いろんな商材を買ったりしていました。
しかしなかなか結果が出せませんでした。勝つときはあっても、負けが続いたりすると信用できなくなって結局そのシステムは使わないという繰り返しでした。
やはり、自分で稼ぐようになりたいというのが入会した理由です。

入会してみて思ったのが、本当に基本はシンプルな考えなのです。
勝つ方法というのは、複雑で一部の特殊な人のみが勝つことができるのかと思っていました。
有利なところでエントリーして、不利なところは見送る。
頭では分かっていても、実行できていなかったことでした。

塾ではエントリーすべきポイントを論理的に教えてくれています。
毎日メールが届くというのも自分にはあっていました。
具体的なテクニックを惜しげもなく教えてくれています。
日々のメールでは、実際の場のことについて書いているので、考え方の修正や確認ができています。
質問すると素早く対応してくれて、他の会員の方の質問返答を日々のメールに掲載してくれるので、自分で気づかなかったあいまいな部分が分かった事もありました。
講師の方々いつも本当にありがとうございます。

もし、費用に見合った内容か、迷っているのであれば思い切って入塾される事をおすすめします。
勝てなくても、損切り1回減れば元は取れます(笑)




TOP▲
















6月期生 募集締切のお知らせ(5/30) NEW!
募集締め切りました。
多くのご入会ありがとうございました。



6月期生 会員募集のお知らせ(5/23)
6月期生の募集を下記日程にて開始いたします。
相場塾6月期生
募集期間
2010年5月27日(木)~5月29日(土)
受講開始
2010年5月31日(月)~

参加ご希望の方は下段のお申込からお願いします。



5月期生 募集締切のお知らせ(4/30) 
募集締め切りました。
多くのご入会ありがとうございました。



5月期生 会員募集のお知らせ(4/24)
5月期生の募集を下記日程にて開始いたします。
相場塾5月期生
募集期間
2010年4月25日~4月30日
受講開始
2010年5月3日(直伝メール)~
2010年5月6日(日々メール)~
参加ご希望の方は下段のお申込からお願いします。











相場塾TOP
塾生の方の声
相場塾申し込み










書籍が出版されました。
『株・日経225先物 勝利の2パターンチャート方程式』
ついてる仙人著 アールズ出版













Copyright (C) 2002-2010 DREAM-CATCHER All Rights Reserved.
















個人情報保護方針 | 
特定商取引に基づく表示









var gaJsHost = (("https:" == document.location.protocol) ? "https://ssl." : "http://www.");
document.write(unescape("%3Cscript src='" + gaJsHost + "google-analytics.com/ga.js' type='text/javascript'%3E%3C/script%3E"));


var pageTracker = _gat._getTracker("UA-3355675-8");
pageTracker._trackPageview();





詳細を見る


トラックバック
トラックバック URL
http://lmuwfhba.blog72.fc2.com/tb.php/5353-a8d655fd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。