投資で勝負!
投資で勝利を勝ち取ろう
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

海外を拠点にした優良不動産投資
夜10時から深夜まで。機械的トレードでイベント通過を狙い撃て!!




海外を拠点にした優良不動産投資












 









 

 






 

 










遂に解禁します!
不動産投資初心者が理解出来て、今からすぐに実践出来るノウハウを、
海外不動産の第一人者である「チャーリー・タカ」が、資産がまったくない状態からでも、資産家になるためのある方法を公開します。
最も熱いマーケットである海外の不動産物件で資産を構築するこの方法は、
これまでの日本国内の不動産投資では決して得られなかったメリットがありますから
5分だけこの手紙を読んでください。
「海外の不安・・・・」という気持ちを
取り除き、所得がゼロからでも可能な投資方法で、高利回りのメリットや、為替差益を得て、成功したい方は、今すぐにお確かめください。この手紙は今日中に削除するかもしれない重要情報です。












アクセスいただきありがとうございます。今からお話する内容は少々興奮を隠しきれないのですが
出来るだけ冷静に、そして正確にお伝えしたいと思います。













あなたの目の前に常識では考えられない方法で、尚且つ間違えようがない
投資手段があると申し上げたら、あなたはチャンスだと感じますか?

投資の王道である不動産投資で・・・








◇所得が0円でも不動産が取得できる。
◇不動産を購入するのに保証人がいらない。
◇不動産売買で税金を払わないで済む方法がある。
◇月3万円程度の積み立てで高級コンドミニアムを手に入れる。
◇20億円の与信限度額を500分の1で確保する。
◇もし、払えなくなっても物件を手放すだけでローンが残らない。








 



 

誰でも言うんじゃないでしょうか?
それは、そうですよね。
不動産投資の知識が少しでもある方なら、腰を抜かすようなことを言っていますから。
でも、
実はあるんです。
日本では考えられないような有利な条件が、海外にはあるのです。
当然、海外ですから日本とは違うルールがあります。取引したくても、
よくわからないし不安だらけで、安心して取引できないかもしれません。

ということは、










 

今からご紹介するお話は、この2つをクリアしていただきますから、あなたに不動産で
成功する機会を提供出来ると思います。今から5分だけ、お付き合いください。









はじめまして、

株式会社アクティブの川邊明と申します。

海外では投資会社、Active Asia Investment (macau)Ltd.を
運営しています。

私は不動産投資と株式投資のコンサルタント事業、
インターネット出版を基軸に様々なビジネスを展開しています。




というとカッコよく聞こえますが、


これまでの人生は決して順風満帆ではありませんでした。
実際、2度ほど自己破産しかけたこともあります。


人生の勉強だったと、今でこそ笑っていられますが、当時は本当に悲惨な状況でした。
非常に怖いところから融資を受けて、お先真っ暗な気持ちで
過ごした時期もありました。
そんな私に転機が訪れたのは2005年。投資家に転身したことが大逆転の始まりです。





 




株式投資で大きく利益を上げ、2006年11月に株式会社アクティブを設立。

現在は不動産投資、コンサルティングをメインに、多くの投資家や起業家を創出し、
豊かさと自由を提供しています。

そうした実績もあって私は、投資家としての目は厳しいという自負があります。

ですが、その私も「神」と崇める凄い投資家がいるのです。

私がこれまで数億円稼いできた実績など足元にも及ばないほど偉大な投資家、
チャーリー・タカ氏を紹介します。

 










「チャーリー・タカ」
マカオを拠点に世界各国で様々な投資を行ってきた43歳、日本人。
34歳で自己破産を経験。わずかに残った資金をベースにハワイ・アメリカ・カナダ
メキシコ・中国・マカオ・タイ・フィリピンと、様々な国に海外投資を行い、レバレッジをきかせた独自の投資で、その後わずか5年で数十億円の資産を築き上る。
さまざまな不動産投資を行う事で自らのノウハウを世界中で実証してきた第一人者。


リタイアメント、海外不動産、タックスヘイブンについての
プロフェッショナルであり、現在は成長するアジアの国々を
中心に不動産投資を行っている。
その中でも特にフィリピンの不動産投資に力を入れている。 『自己破産から5年で10億稼いだ男の話』の著者でもあり、
二作目となる書籍がマガジンハウス社より出版される。
また、パンローリング社からフィリピンの不動産本の発売が
決定している。




 









チャーリー氏と出会ってからの私は、投資家としてのスケールの違いに、あまりにも
衝撃を受け、すぐに海外不動産投資を実践し、投資の柱へと移行を開始しました。

現在は、フィリピンでも不動産投資を開始してビジネス拠点もチャーリー氏が拠点に
しているマカオへ移しているところです。
このマカオは、アジアの主要都市に往復2万円程度で、それもたった数時間で
飛び回れるほど利便性が良い地域です。
そこで、なぜこれほどの情熱で取り組んでいるのか?をお話しましょう。










世の中は、勝ち組、負け組とか、金持ちと貧乏の二極化時代がさらに進むとか言われています。
皆、貧乏になる危険性がある!と言って怖い話をしてもしょうがありません。
私はここで、金持ちになる方法をお教えしているのですから。
まず、日本の投資に成長性が少なくリスクも高いことは、ご存知の方も多いのでは
ないでしょうか。
少子高齢化問題、1000兆を超える国の借金、
40兆を超える毎年の赤字国債の発行、
年金制度の崩壊、待ち構える増税、
最近もデフレ宣言が出て
不動産価格の下落や、
銀行の貸し渋り、失業率の増加など、

成長力が弱まっている数字が次々に発表されているのが現状です。










海外から見て、投資の魅力がないと見られている日本で、お金持ちは今、
どうしていると思いますか?
実は、ますます大金持ちになっているのです。
そしてその秘密は、成長性のない国ではなく成長している国へ投資を行う。つまり、
海外の成長国に目を向けて投資を行っているから、大きく儲かっているわけです。
以前よりもフェラーリやマセラティを見かける機会が増えていませんか?
こんな不景気な時期が続いても超高級外車は売れています。
これからお話する内容を理解すれば、二極化のどちらにいたいですか?
という問いかけさえも無駄になる話なんです。
なぜなら・・・










ですから成功を意識されている方は、海外に目を向けてください。
それも海外の不動産はチャンスです。










今、海外の不動産投資は、これから資産を作りたいと考えている人に絶好の機会を
提供しているんです。
海外の新興国の成長率は著しいものがあり、その成長に投資しているわけですから
儲かります。日本人は今こそ世界に目を向けなければならないのに、情報を遮断された
鎖国状態だといっても言いすぎではないと思います。
ですから優良な情報を知っている金持ちがさらに大金持ちになっているわけです。
私が急いで海外不動産投資にシフトしている背景がおわかりになりましたか?
そして、そのポイントは・・・











実際にもっとも熱い市場、フィリピンを例にお話して行きましょう。







この図をご覧ください。フィリピンの人口増加をグラフ化しているものです。






2040年に向けて綺麗に人口が増え、1億4000万人になると想定されています。

若い世代の人口が多くて、労働力が豊かな国は大きく経済成長していきます。
人口推移は経済成長を見るひとつの指標で、この綺麗なグラフが重要です。今後50年、
世界で最も綺麗な形で人口が推移する国がフィリピンです。さらにもうひとつ注目すべき理由。
それは、この国の言語が英語だということです。


しかも世界中で最も所得の低い英語圏ですから、言い換えると今後もっとも大きく成長する
場所なんです。

英語が使える場所は、ビジネスや生活面からも人が集まりやすくてとても有利ですからね。

アジアの中では、過去の香港の例がそうですね。どれだけ発展する可能性を秘めているのか
想像が尽きますか?おそらく私の想像も超える成長をするでしょう。
そして、大きく経済成長する国は、日本の高度経済成長時代の例を出すまでもなく
確実に不動産価格が上昇するのが世界の常識です。

この物件を見てください、どこだと思いますか?



これがフィリピンの物件です。










日本では高級マンションでも、プールやジムなどの共有施設がある物件はとても少ないのですが、南国のフィリピンでは、どこのコンドミニアムでもプールやジムは付いています。
さらに高級な物件になると、下の画像のように一流ラグジュアリーホテルのような
プールやジムなどの施設が充実しているんです。



日本人から見たら、フィリピンという国は優良な投資先と思えない人がまだ大勢いる
と思いますが、フィリピンに対するそんなイメージを持つのは日本人だけです。
韓国の人はすでに10万人以上がフィリピンに住んでいて、中国の人はそれ以上と
言われています。
彼らが押し寄せている理由は、とてもはっきりしています。







日本はデフレと言われていますが、フィリピンはどうでしょうか?下図を見てください。
フィリピンのインフレ率をグラフ化しています。
2000年以降のフィリピンのインフレ率を見ると、平均して5.6%伸びています。
平均して物価上昇が起きているだけでなく、2008年の世界的な経済危機によって
下落が起こってからの2009年度でも7.1%という数値が出ているんです。
不動産価格は平均的な物価上昇に伴って、さらに上昇トレンドが続いていくでしょう。

国際的に力を付けている成長期ですから、投資を行うチャンスがいくらでもあり、
今こそ大きく資金を伸ばす機会です。




フィリピンの不動産投資に目を向けるべきポイントはまだまだあります。空室率が低いので
賃貸経営もしやすいですしカジノ開発によって観光客がますます増加しています。
不動産投資を行う条件としての数字的な根拠を挙げれば、ここに書ききれないほど資料が
あります。ここで理解して欲しいのは、
投資は伸びるところへ行うのが鉄則だということですね。
 


では、投資をする場合にどのような魅力があるのか?


















購入する物件を担保にするため、保証人がいらない


 
日本や韓国では自分や第三者が必ず保証人になることが常識です。
つまり、ローンが払えなくなったりすると、自分や保証人にローンが残ってくるのが当たり前なんですが、海外不動産の取引ではなんと保証人が必要ない、その有利さを紹介しましょう。






もし払えなくなっても物件を手放すだけでいい、ローンは残らない


 
万が一大きく物件の価値が下がり、ローンの金額を下回るようなことがあっても、
物件自体を放棄すれば、そのローンの残債を支払う義務もなく、
ローンから解放される仕組みになっています。
ということは、複数を所有して不都合な物件を手放すことによってあるメリットが
発生します。不動産経営の数字に大きく関係するそのメリットとは?






キャピタルゲインを得られる投資ができる。


 
キャピタルゲイン=不動産売買差益は、不動産投資の大きな魅力です。
世界中の先進国がそうだったように、人口が増加し、国が成長する時には必ず不動産価格は値上がりしますから、大きな売買利益を得られるわけです。







家賃収入=インカムゲインを安定して得られる。


 
家賃収入は、海外では日本に比べて圧倒的に高いインカムゲインを得られる国があります。日本の場合、本当に魅力のある高い利回りがある物件は少なくなっています。海外には高い家賃収入を得られる物件がたくさんありますから、正しく理解してくださいね。






為替差益を狙える。


 
円高とか円安とか為替が話題になりますが、海外に目を向けると為替の変動は大きく
資産を増大させるチャンスがあります。フィリピンペソも、2009年12月現在、1ペソ:1.9円程度になっており、2008年の夏までの、1ペソ:2.4円の
水準から比較すれば、20%以上の円高になっています。為替差益の仕組みをお教え
しますので、投資のさらなる旨味に気づくことになりますね。






インフレをチャンスにする。


 
フィリピンという国は今後も年間6%程度のインフレが続くことが予想されています。日本ではデフレが続いています。インフレというとマイナスに感じる人も多いかもしれませんが、資産を増やす上では非常にチャンスなんです。不動産はインフレに
対して強い投資と言われているのはなぜかと言うと、インフレ率よりも不動産価値の上昇率のほうが高くなるからです。家賃の値上がりなど、利回りの点からも説明して
いきます。






資産を分散できる。


 
海外に不動産を持つと、安定的に資産を増やす意味と、違うタイプの資産に分けて
運用出来るメリットがあります。カントリーリスクという概念が変わってきている
ことが重要です。資産を分散するメリットについて知識を深めてください。



















そして、日本に資金がなくても不動産で成功するチャンスがあるということは、
安定した収入を作りあげて、人生が今より豊かで安心できるものになる。
今後考えられる国内のリスクに対処できるようになる。
という先の見えない不安とはまったく逆のメリットがあるのです。








 

このような物件が手に入るんですから。
きちんとしたポイントを押さえれば、日本の不動産投資とは比較にならないほど魅力的な
投資が出来る!そのためには、















成長する国を見極めて投資先を選ぶ条件とは?


 
海外で不動産投資を行う上で、大きな魅力のひとつが大きく成長する国に投資が
できるということです。日本は現在人口も減り、住宅の供給が既に需要を上回って
いる状況です。その状況で投資を行っても魅力のある利益を得ることは難しい。
だからこそ経済成長している国をターゲットにする必要があります。その条件とは?






投資できるルール、環境にある国で投資を行うコツとは?


 
先進諸国であれば常識的なルールが、新興国の場合は全然通用しない時があります。しかし投資先の魅力としては、圧倒的に新興国のほうが大きい場合が多いのです。この常識の差を埋める、ある方法と環境の違いに関するコツを知ってください。






銀行借入ができるか?


 
海外の不動産投資を行う上で、不動産を担保に銀行借り入れができるのかどうか?
これも投資を行う上で重要なポイントです。銀行借り入れが出来るということはレバレッジの効いた投資が出来ます。その国の金融機関が、非居住者の外国人であっても一定の割合で不動産を担保にして融資を行ってくれますから、その仕組みをここでしっかり理解しておいてください。相当なレバレッジを効かせることが出来ます!







借入金利がどれくらいなのか?


 
日本と違い、海外の場合、それぞれの国により銀行の貸出金利が大きく変わります。 各国の長期プライムレートに連動する形で金利水準は変わってきますが、
先進諸国でも
北米、ヨーロッパ諸国は現在の金融危機の関係もあり、2%~3%
程度の安い水準(2
009年8月現在)で借入可能です。
そうした安い借入金利を使うには?







インフレ率は?


 
世界中の新興国の多くが長期的なインフレの中にあります。と言ってもハイパーインフレという意味ではなく、アメリカやヨーロッパで起こった不動産バブルのような
資産インフレです。ほんの3年、4年の間に不動産価格は倍以上に値上がりしたりするのでインフレは資産を増やすには強い武器にもなるんです。その秘訣とは?






所有できるのか?長期借地権なのか?


 
海外の不動産の場合、国により外国人が不動産を所有できないところも数多く
あります。フィリピンの場合は、コンドミニアムを購入する上では、建物全体の中の半分以上はフィリピン人が所有することを条件に、外国人も所有が出来るのですが、世界中で不動産投資を行う場合、ある考え方をしたほうがいいのです。







信頼できるエージェントがいるか?


 
英語や中国語、投資するその国の言葉を普通に会話できるのであれば良いのですが、
たいていは会話出来ませんね、海外投資で一番不安なことは、その国の取引の習慣やルール、法律ですがやはり一番は言葉の壁です。これを解決する方法があります。







何時でも物件を確認できる距離にあるか?


 
海外で投資を行うことは誰でも最初は、不安がいっぱいです。身近な距離にある成長国、成長する街で投資を行うことは安心に繋がりますよね?
日本から身近で、何時でも確認に行ける距離にある街であること。
これは投資先を選ぶ上で大切なポイントになってきますので、ぜひ利便性について学んでおいてください。







市場流動性があるか?


 
現地のエージェントの言うとおりに購入したのは良いけれど、売却をしようとした時に、売るに売れないと大変です。割安な物件というのは安いなりの理由があるので、単に割安な物件を選ぶことよりも、人気のある物件の中で、割安な物件を選ぶことを心がけてください。そこで大事なことが流動性、つまり他の人も欲しい物件を選ぶのがポイントです。







名義の問題は?


 
海外で投資を行う上で、物件購入後に余分なコストがかからないことも非常に
大切なポイントになるのです。不動産を購入し、自らの名義にするか?それとも資産管理の為の法人の名義にするのか? これも大切なテクニックです。








資金の移動の問題をどうするか?


 
海外への送金や海外からの送金に関して知っておく知識です。日本の居住者の場合、様々な諸経費を差し引いてから売買差益については日本で申告を行う義務がありますので注意してください。日本で課税をされたくない!と考えている人も多いかもしれませんが、日本に居住をしている場合は、売買に対して利益が発生した場合、その年その年で売買益を申告する義務があります。たとえば中国という国は、現在のところ、元という通貨を海外に持ち出すことには規制をかけています。不動産の売却をしたあと、その売却資金を元のまま持ち出すことができないのです。しかし、これにはさまざまな対応方法があったんです。







為替のメリット、デメリット、リスクを知る。


 
投資という意味合いだけでなく、為替も考えて投資を行っていきましょう。
そして不動産売買では収益をあげられなくても、為替面で大きくキャピタルゲインを得る投資もあります。為替のことを理解した上で投資を行えば、リスクヘッジしながら効率良く投資を行っていくことが出来ます。では為替が自ら思うのと逆方向に動いた場合はどうするか?も合わせて憶えておいてください。







管理コストをかけない投資


 
海外の不動産投資を行う上で重要なポイントの一つとして、管理を行う上でのコスト
がかからないことがあります。毎月出ていくお金というのは精神的にも負担のかかるものですから海外の不動産投資を行う上では非常に大切なポイントとなりますので、しっかり学んでください。






日本人をだます日本人に注意!


 
不動産投資や他の投資の話だけでなく、様々な話の中で海外では日本人をだます日本人が多いという部分にも注意が必要です。非常に親切にしてくれる人がいればついつい信頼してしまうもの。まさか自分が騙されるなどとは思っていないですからね。そこで大事な見分け方があります。優秀なエージェントと付き合うには?







リゾート物件に惚れるな!


 
日本の不動産を見てもらっても分かりますが、リゾート物件ほど、中古に出回ったときの新品当時との価格差の大きな不動産はないんです。その理由はなにか?







利回りと銀行金利のバランスとは?


 
フィリピンは今後も年間6%程度のインフレが予想されています。インフレ率が高いということは、賃貸の利回りも非常に高く魅力が大きいのです。コンドミニアムを購入し賃貸に回したとして、年間11%~12%程度の利回りで回すことができるのです。 そしてインフレに伴い物件価格の上昇も見込めます。







どのような物件に投資をするのか?


 
海外で不動産投資を行う場合、基本的にお勧めする投資はコンドミニアムへの投資です。日本流でいうならばマンションへの投資ということになりますね。その理由とどのような物件を選択するのかについて学んでください。






プレビルド物件とは?


 
プレビルド物件というのは、これから建築される、もしくは建築途中で完成する前の物件のことを言います。プレビルド物件への投資も非常に魅力が高い投資になりますがその魅力とは毎月数万円ずつの投資が可能なのです。 預金が全くない人でも不動産投資ができてしまうこのメリットは計り知れませんね。2つの注意点を押さえておけばとても魅力的な投資が出来ます。






購入に必要なコストを考える


 
不動産を購入する国ごとで購入する時にかかるコストも変わってきます。仲介手数料も国によってルールが違いますのでどのように注意すると良いのでしょうか?






その国の税金を知る


 
売買に税金がかかる場合もありますし、売却時の利益に対してかかる税金もあります。これも国によってルールが変わりますので説明します。





































日本の所得ゼロで不動産を購入する方法


 
海外法人の仕組みと納税の仕組みを上手に利用して、日本でほとんど所得を取っていない人、例えば所得証明が0円だったり日本でフリーターやパートとして働いている人でも、世界各国で不動産融資を受けることは可能です。その方法をお教えします。





所得証明を上手に使う方法


 
世界中で不動産投資を行う上で、自己資金ですべてまかなっていたら、いくらお金があっても足りません。購入する不動産を担保にして出来るだけ多く銀行から借入をする。レバレッジを効かせた投資を行っていきます。借入枠を極限まで大きくしておき、不動産が値上がりするタイミングに備える方法を詳しく紹介。





不動産売買で税金を支払わない方法


 
不動産を売買した場合、通常であれば不動産取引に対して一定の税金がかかります。
そしてキャピタルゲインに対しても多くの国では税金がかかってきます。この税金を一切、払わない方法があるのです。一体どんな方法なのか?






売主ファイナンスという手法


 
アメリカではごく一般的な不動産投資の一つの方法に、売主ファイナンスというものがあります。売り手が既に銀行ローンを組んでいて、そのローンを丸ごと引き継ぎし、銀行への返済を自らが行うというものです。この方法であれば、自らが銀行ローンを組む必要がないのです。そして物件価格に対してうまくいけば100%丸ごとローンがついているものもあります。このような物件が出てくる秘密と利用の仕方について。






フィリピンビザを取得してビジネスメリットを最大限に引き出す方法


 
フィリピン内で就労することができて、永住権も手に入る。ジャパンレールパスを購入できたり、銀行の融資枠の拡大が可能、さらに日本以外に住むことができる国を持てるなどメリットは、かなり大きいです。さらにビザ取得の簡単な方法も紹介します。





フィリピンでビザを取得して初期資金を回収する究極の投資法


 
フィリピンでビザを取得することで出来るかなり深いノウハウで、通常はなかなか聞ける話ではありません。最初に積み立てた初期資金を回収することができてしまう、究極の投資法です。さらに言えば、入ってくる家賃収入で、毎月の支払いをした上で、お金が残ることになる究極の投資方法のひとつを紹介します。






不動産にお金を稼がせる方法


 
マニュアルに紹介するツーセントラル投資と長期積立投資を複合的に行うことで、
より有利な投資となる方法を説明します。プレビルド物件に投資し、完成後に毎月
入ってくるインカムゲインを再度、オフショアファンドの長期積立投資で運用する
スキームでさらに大きなリターンを稼ぐ方法です。















ここまでを理解すれば、必要なノウハウはしっかり手に入ることでしょう。
ですが、どれだけ魅力的な海外不動産投資の方法がわかったとしても最初に申し上げたことを
クリアしなければなりませんね。



















期間、回数、無制限!無料メール相談!


責任を持って、川邊があなたをサポートします。わからないことがあれば、
いつでもメールしてください。質問にはすべて私が個別にお答えします。










海外投資情報メール配信!


このマニュアルをさらに加速するための情報を、いち早くメールで
配信していきますので、最新の優良な不動産投資情報が手に入ります。











無料オフ会にご招待!


このオフ会では、同じ目的を持った人同士が情報交換を行なったり、
川邊のシークレットミーティングを開催していきますのでお楽しみに。









 




※ご購入後、期間無制限で全力で1回ご相談を受けさせて頂きます。
強力な投資テクニックと情報、そして行動を前に進めるための
万全のサポートをご用意しています。



この不動産投資法は、とても秘匿性の高い情報です。

そして、読み進めたときにその膨大なノウハウとテクニックに触れて、あなたが感じることは、








世界で次々に起きる経済成長と、今この日本で起こっている現実を比べてみてください。
何を選択すればよいのか?何にスケールメリットがあるのか?
成功するチャンスがどこにあるのか?
おわかりになるはずです。
読み終えたとき沸き起こる、








もう一度申し上げますが、私は本気です。

この海外不動産投資に全力で取り組んでいます。
そして、あなたの目の前に「強力なノウハウとサポート」、そして「情熱」を込めて
お届けします。
さて、このマニュアルの価値はいくらだと思いますか?
今回、数百万円してもおかしくない情報をあえてお伝えする理由は、あなたと共に
海外で成功したいと本気で思っているからです。
最初にお話したように私自身が海外へ拠点を移してしまう関係上、今しかお伝えするチャンスは
ありません。
私が心から尊敬するチャーリー・タカ氏にマカオで会ってもらえる機会も用意したいと思って
いますので、あまり大勢にこのチャンスをお譲りすることも出来ない状況です。

よって今回、先着50名の方へ

29,800円でお譲りしたいと思います。ただし、募集人数に達し次第、
終了となりますのでくれぐれもご注意ください。


 









画像はイメージです
海外を拠点にした優良不動産投資
「海外の成長国で資産を作る不動産投資法」
 不動産シミュレーション資料付き


A4 114ページ PDFダウンロード版

特典期間、回数、無制限!無料メール相談
特典海外投資情報メール配信
特典無料オフ会にご招待!

先着50名様
特別提供価格:\39,800→\29,800

スペシャル特典
1時間無料で川邊が直接スカイプ相談






以下の決済方法をお選び頂けます


不動産シミュレーション資料を閲覧するには、
エクセル2003以降が必要となります。










※本商品に示された表現や再現性には個人差があり、必ずしも利益や効果を 保証したものではございません。

















私は会社員で老後の不安をずっと感じていました!


静岡県 大畑様 35歳 会社員
川邊様、お世話になります。
先日、「海外の成長国で資産を作る不動産投資法」を
購入させて頂きました大畑です。
この度は、貴重な情報を読ませて頂きありがとうございました。
正直、購入後に何度も読み込んでしまっています。



現在、私は会社員で老後の不安をずっと感じていました。現在払っている年金も
もらえるか解りませんし、国内の景気も回復するか不透明ですし・・・。
不安に感じていても、この不安を解消する方法が見つけられずにいました。
そんな時、この情報に幸運にも出会う事ができ、私の不安が希望に変わりました。
私にとって最大のメリットとなったのは2点あります。
1点目はチャーリーさんの海外投資の知識が余す所なく書いてあるところです。
(ここまで機密情報を教えてもらって私が恐縮してしまいました)
2点目は川邊さんからアドバイスをいただけて安心です。
(正直、私、個人で海外不動産投資は絶対出来ないと思います)
以上2点を得たことは、私にとって大きな財産になり、現在、私は川邊さんの
アドバイスを頂きながら、海外不動産投資をスタートする事が出来ました。
スタートさせた今となっては、日本国内だけに目を囚われていた自分自身が
恥ずかしいと思うくらいです。
今からでも遅くないので海外投資に目を向けるべきですね。
 数年後が楽しみで仕方ありません。












 










セミリタイヤを憧れつつもあきらめかけていました!


愛知県 田中様 44歳 自営業
ロバート・キヨサキの著書「金持ち父さん、貧乏父さん」
に書かれているラットレースから抜け出すだとか、

ビジネスオーナーから投資家になり経済的な自由を得てセミリタイヤ生活する。



なんていう話は、長年、憧れつつもあきらめかけていた夢でしたが・・・

このマニュアルの内容が、理論的かつ具体的にそれを実現できる方法を
示してくれていました。

すでに書かれている内容を実践し、今では、その夢が何年後には
実現できるという確信を得ています。

チャンスの女神は後ろ髪がないそうなので、
私は前髪をしっかり捕まえました。 









 










5年後、10年後が本当に楽しみになりました!


埼玉県 隅田様 36歳 店舗経営
本当に貴重な情報ばかり・・・。
日本にいては絶対に知ることができなかったので、ほんとラッキーでした。
私はこの歳になって、やっと老後のことなども考えるようになりましたが、



今の社会をみていると、不安なことばかり考えてしまう自分がいました。
そんな時に出会ったのがこのマニュアルです。
不動産投資には興味がありましたが、今の日本では厳しいだろうなーと
いうのは、全く知識のない私にでもわかっていました。
ですが、こんな方法があったなんて!!目からウロコでした。
今から先を見越して、手を打っていくことの大切さを知りました。
私も実際に、フィリピン不動産投資をスタートさせました。
5年後、10年後、その先が本当に楽しみになりました。












 










円が強い今、海外不動産投資をやることを決心しました!


兵庫県 岡崎様 50歳 会社経営
私はコンピューター関係の零細企業を営みながら、
株式やFXで短期投資を中心に取引を続けていました。

まずまずの利益を出していたので、自分の遊ぶ金や、
会社の運転資金としても、回していました。

しかし、昨年のリーマンショック以降、仕事が激減し困っていたところに、
株式やFXでも、利益が殆ど出ない状況になってしまいました。

短期のキャピタルゲインを狙った投資は、かなりの心労を伴い、命を削って
利益と交換するという感じで、大変なストレスとなっていました。

ここしばらくは、利益があまりでない状況だったので、すべてのポジションを
手仕舞いして、自分の投資スタイルを見つめ直す時間を持ちました。

その時出会ったのが、「海外の成長国で資産を作る不動産投資法」です。

近年の日本に対するさまざまな不安やリスクを感じていた私には、まだまだ
成長を期待できる海外の新興国にはとても魅力的に感じられました。
また、キャピタルゲインだけではなく、インカムゲインを狙うという投資法も、
日々のトレードにストレスを感じでいた私とっては、更に魅力的に見えました。
その他にも、様々な海外不動産投資のメリットが紹介されており、
私も思い切って海外不動産投資を始めてみる事にしました。
円がいつまで強いのかはわかりませんが、まだ円が強い今なら、
日本ではとても購入できそうもない物件に投資できるのが、
私が海外不動産投資を決心した一番の理由です。














  よくあるご質問にお答えいたします。













不動産投資はまったく初心者ですが、大丈夫でしょうか?






海外不動産投資の魅力、実践方法をわかりやすく説明してありますので
これまで不動産投資の経験がない方でも大丈夫ですからご安心ください。
わからないところは、サポートがありますので気軽にお使いください。









 











定期的な情報などいただけるのでしょうか?






はい、定期的にフィリピンの不動産情報や他の海外情報も含めてお届けします。










 











なぜ良い物件情報が手に入り、良い条件で投資ができるのですか?






提携している海外のパートナーと強い関係を築きあげています。その実績と
信頼関係から、優良物件を良い条件で取引することが可能となっています。










 











高級住宅を借りる人たちが今後も継続的にいるのでしょうか?






フィリピンはアジアNO,1の英語圏で、世界中の大手製造業、サービス業のコールセンターが集まって来ています。それに伴い外国人の高所得者が増加することで高級賃貸物件はますます不足することになるでしょう。










 











フィリピンで不動産を所有するメリットは他にありますか?






世界的な金融危機にも市場が揺らぎにくい点や、落ち込んでもすぐに回復できるところも、フィリピンで不動産所有する大きなポイントとなりますね。










 











実践する場合、サポートはどこまであるのですか?






メールサポートは期限、回数とも無制限です。今回は私と一緒に海外不動産投資で成功していただくことを目的としていますから、実践のサポートを徹底いたします。またオフ会も行いますのでぜひ、ご参加ください。










 











インターネットで買い物をしたことがないので不安です。






インターネットで買い物されるのが初めての方でも、ご安心ください。

特定商取引の表記に基づいて誠実な販売責任者の管理のもと信頼出来るサイト運営を行っています。決済システムはインフォトップという業界最大手の会社を利用しておりますので安心してご利用いただけます。










 



注文の仕方をご説明していますが、わからない時は特定商法記載の
メールアドレスまで、お気軽にお問い合わせください。
その他、ご質問がありましたら、どうぞお気軽にお問い合わせください。


 







 


もう一度、最初にお話した内容をご覧ください。


 







◇所得が0円でも不動産が取得できる。
◇不動産を購入するのに保証人がいらない。
◇不動産売買で税金を払わないで済む方法がある。
◇月3万円程度の積み立てで高級コンドミニアムを手に入れる。
◇20億円の与信限度額を500分の1で確保する。
◇もし、払えなくなっても物件を手放すだけでローンが残らない。








 


これらは今の日本ではあり得ない投資法なのです。
不動産投資は、もともと資金を持っているお金持ちの家に生まれているとか、お金を
稼いでから行うイメージだったのではないでしょうか?







何十年も働いて信用を作っても、
まだ信用が足りないと言われ、
家をひとつ買うことすら出きないこともあるのに・・・







これまで権利収入とは無縁だった
フリーターでも不動産投資家として
成功する事例が、今後、いくつも出てくることでしょう。



本当にあった怖い話というのがありましたが、これはまったくその逆で、








それが、今あなたの目の前にあります。
ぜひ、チャンスをつかんで生かしてください。
そのためのサポートも全力でする覚悟ですから、またお会いできることが楽しみです。
最後までお読み下さりありがとうございました。







追伸1
本書は、あえて返金保障は設けていません。

いい加減な内容で自信がない人なら、それで誤魔化したいのかもしれませんが、
本当はそのような保障など意味がありません。
私はあなたに、「無駄なことをした」と思っていただきたくないので、本書の内容に
ついて、いっさい妥協しませんでした。
ですから絶対の自信を持っているということを、最後にお伝えしたいと思います。
私は本気であなたの投資家としての成功を後押ししたい!と考えていますので、
お聞きになりたいことや質問は、お気軽にご連絡いただければと思います。
購入される前に悩まれている方も含めて、互いに志を共にする仲間として喜んで
サポートさせていただきます。
 
追伸2
これまで、「不動産投資って敷居が高そうだな・・・」と思っていた方へ。
私もこの投資法を知るまでは、自分には関係ない世界・・・という気持ちがありました。
ですが、ここまでご紹介した内容を知れば知るほど、魅力的な投資であることに
気づかれたのではないでしょうか。
例えばフィリピンの人たちも気づいて行動しています。
為替の違いを利用して、労働単価のいい国へ出稼ぎに行く。2年くらいで資金を作って
フィリピンに戻り、起業して不動産投資を行い成功していく
これがひとつの成功パターンになっているのです。
世の中には、成功しやすいパターンや情報というものは確実に存在します。
それをつかみ、生かせるかどうか。
それは、
「素晴らしい出会い」が重要だと思います。
ぜひ、この出会いを素晴らしいものにしてくだされば幸いです。

 








画像はイメージです
海外を拠点にした優良不動産投資
「海外の成長国で資産を作る不動産投資法」
   不動産シミュレーション資料付き



A4 114ページ PDFダウンロード版

特典期間、回数、無制限!無料メール相談
特典海外投資情報メール配信
特典無料オフ会にご招待!

先着50名様
特別提供価格:\39,800→\29,800 スペシャル特典
1時間無料で川邊が直接スカイプ相談









以下の決済方法をお選び頂けます


不動産シミュレーション資料を閲覧するには、
エクセル2003以降が必要となります。










 







個人情報保護方針特定商取引お問い合わせ
Copyrights(C)Active All Rights Reserved


 










チラシ作成
名刺作成






詳細を見る


トラックバック
トラックバック URL
http://lmuwfhba.blog72.fc2.com/tb.php/5360-5117460e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。