投資で勝負!
投資で勝利を勝ち取ろう
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

設備投資不要! ペットのトラブルを飼育ルール・入居審査で回避するノウハウ | ペット物件入門セミナー
「モチベーションアップ&キープ」のためのコンテンツ。聞くだけで効果....












設備投資不要! ペットのトラブルを飼育ルール・入居審査で回避するノウハウ | ペット物件入門セミナー














設備投資不要! ペットのトラブルを飼育ルール・入居審査で回避するノウハウ | ペット物件入門セミナー







設備投資不要! ペットのトラブルを飼育ルール・入居審査で回避するノウハウ
レジュメ(pdfファイル)&音声ファイル(mp3形式)ダウンロード版 \3,150円 今すぐ注文


印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |






















ペット対応物件に対して間違った認識を持っていませんか?

こんにちは。賃貸経営コンサルティングマスターの大友哲哉と申します。
私は、大家さん・地主さん向けのセミナーを定期的に開催していて、
累計1800名を超える受講者がいます。
電話相談・訪問相談も行なっています。
様々な相談を受けているとあることに気が付きました。

ペット対応物件に関する認識の誤解です。


ペット物件だからと様々な設備を整えなければいけない
ペットの鳴き声や排泄で周りの入居者や近隣住民からクレームになる
キズ・汚れ・破損などで原状回復のトラブルとなる


そんな思い込みが、とっっっっっても、多いのです。

大友哲哉
大家塾








こんな思い違いをしていませんか?


単身者向けにはペット物件は意味がない
ワンルームで大型犬は飼育できない
ペットの可否は大きさで決める
鳴き声やニオイでトラブルになる
部屋や共用部分を汚される、壊される
原状回復費用が多くかかる
トラブル予防にハード的な保護が必要でコストアップする
家賃を高く設定できる
ペット飼育者ばかりが入居する
去勢・不妊させるのはペットがかわいそう
犬の散歩で外でおしっこ・うんちするのは仕方ないこと
フローリングは滑るため犬の股関節を傷めるので使ってはいけない
コンセントの位置を高くしないとペットの感電事故が発生する
犬は広い庭のある一戸建てで飼うべき
猫は自由に外にでれるように放し飼いにすべき
ペットが室内ドアを通れるように特殊なドアが必要
壁紙は腰の位置で見切りを入れ下部分だけ張替できるようにすべき
脱臭装置は必須
足洗い場は必須
犬が飛び出さないようにあらゆる箇所にフェンスが必要







特にハードウェアの部分の思い違いが多いです。

大間違いとまでは言いません。

というのは、
持家としての一戸建てや分譲マンションの場合では正解であることもあります。
自分の家なので、自分の好きなようにペットのためにお金を掛けて良いのです。


でも、持家と賃貸物件は別です。

なぜなら、建物にお金を出すのは大家さんであり、
2倍のコストを掛けても家賃は2倍にならない
のが、賃貸住宅の宿命だからです。

また、入居者全員がペット飼育者とはならないので、
ペット専用設備に投資する効率が低いのです。
※ペット対応物件のペット飼育者の割合はあなたが思うほど高くありません

完全にペット飼育者でないと住めない物件にするのなら、
それに見合った追加投資をして家賃もアップする手もありますが、
そこまで入居者を絞り込んで、
築10年、20年になっても満室経営ができるのか?
この問いに明確に回答できないのなら、
逆に、過剰投資となり回収できないリスクが高まるだけです。


こうした思い違いが多く、
その結果、過剰な設備投資をする地主さんや、
逆に、ペット対応にしないことで空室に困っている大家さんが続出しています。

そこで、賃貸物件ならではのペット対応方法を体系的にお伝えしようと、
当大家塾では、
NPOアニマルワン代表 岩瀬晃透氏 を招き、
ペット物件入門セミナーを開催しました。








トピック


ペットマーケット-17歳以下の人口より多い犬猫飼養数
集合住宅での犬猫飼養アンケート
分譲マンションのペット可状況
ペットが与える人への効果
ペット関係の統計情報源
ターゲット・属性の考え方-公約数型市場と地域特性型市場の違い
ペット市場のターゲットミックス
ペット対応物件とペット同居専用型のちがい
ペット飼養に対する家賃に関する考え方
入居審査の基本的な考え方
原状回復に関する基本的な考え方
Q&Aセッション


ペット対応の目的は何か?

あなたは、
ペット同居専用というコンセプトマンションを立ち上げて
自己満足できれば良いのでしょうか?
それとも、長期に満室経営を実現したいのでしょうか。
自己満足したいだけのコンサルタントに付き合っても、
10年後、20年後も面倒は見てくれません。
ペット対応物件とする目的が空室対策なら、
このセミナー音声を聞くことで、
ペット対応物件への足がかりとしてください。







参加者の声をどうぞ


すごくよかった!! ペット対応はソフトである、ハードでない、事は分かった。もう少し、具体的に中まで入ったセミナーを開いて下さい。O.Nさん
ペット同居専用型とペット対応型の基本的な考え方の相違点がよくわかり、有益だった。今度に応用したいと思います。O.Tさん
参考になった。O.Mさん
良かった。K.Mさん
ペット物件には縁が無いと考えていたが、全く認識違いであった。T.Kさん
たいへん役に立ちました。T.Tさん
大変満足。N.Kさん
サマリーとしては適度な内容だった。F.Tさん
ペット可の運用方法が少し理解出来た。Y.Mさん
勉強になりました。次回(ペット)は仕事の為、参加できず残念。Y.Fさん
大変内容の濃いセミナーだった。O.Tさん
とても分かりやすく、楽しい講義でした。本日は交通渋滞のため、1時間以上も遅刻してしまいました。O.Yさん
思ったより勉強になりました。詳しくは(高価な)セミナーで・・・というのはちょっと残念(セミナー受講の時間効率も)N.Kさん
目からうろこの話ばかりで驚きました。マーケットに対する見方が勉強になりました。ありがとうございました。K.Hさん







ペット対応は空室対策の一つです

ぶっちゃていえば、
ペットを飼わない入居者でいつも満室のほうが、経営は楽です。
ペット物件の真髄
それは入居者の間口を広げること

間口を広げることによってどのようなリスクがあるのか把握し、
そのリスクをどのように回避・軽減・転嫁するかが、
ペット物件を成功させるノウハウとなります。





ダウンロード版 ¥3,150
音声ファイル1時間34分(MP3データ)+レジュメ167ページ(PDFデータ)+レジュメ9ページ

注意事項


設備てんこもりのペット専用マンションをつくって自己満足したいだけの大家さん・地主さん・不動産投資家さん、コンサルティング業界関係者様、建設費を吊り上げたい建設業界関係者様、専用設備を売りたい設備メーカー業界関係者様は、得られるものはありません。
音声がやや聞き取りづらいです。ヘッドフォンを利用してボリュームを大きめにしてお聞き下さい。
低価格のため返金保証はありません。


※本商品に示された表現や再現性には個人差があり、 必ずしも利益や効果を保証したものではございません。ご了承下さい。



























HOME
ご注文
特定商取引法による表示
講師プロフィール
受講者の声
お問い合わせ



ペット物件入門セミナー since 2009-05-04
/ Copyright © 2009 by Otomo Fudosan Co., Ltd. All Rights Reserved.











詳細を見る


トラックバック
トラックバック URL
http://lmuwfhba.blog72.fc2.com/tb.php/5414-42897d71
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。