投資で勝負!
投資で勝利を勝ち取ろう
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大富豪ご用達!海外ファンド資産構築投資術
現物株では考えられないほどの投資効率、1年で資産を100倍にする証券デ....














大富豪ご用達!海外ファンド資産構築投資術









「大富豪ご用達!海外ファンド資産構築投資術」~知らないだけで損をする、10年で資産を5倍にできる方法~
相次ぐ倒産やリストラ・・・
そして年金すらもらえなくなるかもしれない不安・・・
あなたは今後の人生に危機感を抱いていませんか?
自由で豊かな人生を満喫するためには堅実な投資による資産構築が不可欠です。
もし、あなたの資産がたった2年足らずで2倍、あるいは10年で12倍にもなるような
世界の大富豪も運用している堅実な投資方法があるとしたら、ご興味ありませんか?






森先生の勉強会やこのマニュアルで、日本の金融機関や投資信託で資産を増やすのは非常に効率が悪く、難しいもので、ましてや株は、日本の外需依存型では海外の景気に左右されるし、内需といえば将来の少子高齢化の影響で拡大は難しい。そのため、長期的には、上昇すると思えないと知り驚きました。

そして先生が推奨するとある米ドル(アメリカドル)建てファンドを購入してみたところ、着々と増えています。
購入時よりは円高になりましたが、利益率が高いので円換算しても資産は増えています。

将来、日本は借金の多さで国債の安定消化ができず、金利が上がるかもしれません。
その時期には、円が相当安くなると思います。
その時、このファンドは、為替益と複利運用で相当利益が出ると思います。
今から円安が楽しみです。

N様 女性 60代



このマニュアルに出会うまでは海外ファンド=ギャンブルだと思っておりましたし、日々の出入りが激しく、信頼性のおけないものと思っておりました。
このマニュアルで長期投資という考え方、将来のためにじっくりと資産を増やすということの大切さを学びました。
また、そのために海外ファンドというのはとても有効なものであるということが分かりました。
ただ、同時に何万本もある海外ファンドのうち、信頼して未来を預けることができるものはやはりとても少なく、それをきちんと選ばない限りやはりギャンブル的な側面は逃れられないということも知りました。
これまで金融に興味のなかった私ですが、せっかくこんなに有益な情報を手に入れたので、早速海外ファンド投資を始めてみたいと思います。
本当に貴重なノウハウを教えていただき、ありがとうございます。
S様 女性 40代


もしあなたが、

とにかく資産を着実に増やしたい。
投資は色々してきたけれど、なかなか利益が安定しない。
自分が仕事をしている間も、勝手に稼ぎ続けてくれる投資手法を知りたい。
感情に左右されず、右肩上がりに資産を着実に増やしたい。
大きなレバレッジをかけて資産を運用することに抵抗がある。
FXよりも安定した資産運用法があるのなら知りたい。
今後の生活が心配で夜もなかなか眠れない。

そんな思いを持ちながらも、投資方法がわからず資産を減らし続けているとしたら・・・
あなたの資産を着実に5年で2.28倍、10年で5.23倍、35年で327.99倍に増やしてしまう
投資手法の全てを公開いたします。




これはとある投資手法の運用実績です。




もし仮にあなたが10年前に1000万円投資していたら・・・

その1000万円は今頃、なんと1億2千万円以上にも増えているのです。
この不景気の中で、このような運用が可能な投資方法があるのです。




はじめまして、森智紀と申します。
上記でご紹介した投資手法とは両方とも海外ファンドです。

海外ファンドと聞くと、何やらリスクが高い投資手法だと思うかもしれません。
もちろん、中には単年度の年利が80%~90%という極めてハイリスクハイリターンのファンドもあります。

確かに一般的にハイリスクハイリターンで儲けるようなイメージが海外ファンドにはありますが、実は海外には高い確率で利益をもたらしてくれる優秀なファンドがあるのはご存知でしょうか。

私はもう10年以上にわたりこの投資手法で資産を運用し、今この瞬間も私の資産は長期運用することにより複利の力で増え続けています。

世界にはスーパーリッチと言われる資産1000億円以上の大富豪がいます。
彼らはリスクの高い運用は絶対にしません。
彼らの多くはその莫大な資産をこれら優秀なファンドの運用によって増やしているのです。

今でこそこの海外ファンドで余裕のある生活をしている私ですが、ここまでたどり着くのには多額のお金を投資しては失敗してきたという思い出したくもない苦い経験があります。

私は大学卒業後、一部上場企業で働く傍らで日本の財政状況にずっと不安を感じていました。
将来的に「自分年金」を持つことの必要性を感じたことから投資に興味を持ち、国内株やアパート経営、ワンルームマンション投資、先物取引、ゴルフの会員権などありとあらゆる投資を試してみたのです。

しかし、その結果のほとんどは悲惨なものでした。

その後、当時まだ日本ではほとんど知られていなかった海外ファンドや海外銀行の可能性に気づき、実際に投資して研究を積んできました。

それが今から約10年前のことです。

その経験を元に、私は海外ファンドに関する本を多数執筆してきました。

そして私は約10年にわたる試行錯誤の末、ある数本の優秀な海外のファンドにたどり着いたのです。
それから私の資産は着実に増え始めました。

現在では私が顧問をしている株式会社グローバルレポートは金融商品取引法の登録をしており、資産を増やしたいお客様にアドバイスをしています。




海外ファンドとは、簡単に言ってしまうと海外で販売されている投資信託のことを指します。
現在世界中では4万本以上のファンドが稼動しており、ハイリスクハイリターンのものからローリスクローリターンのものまで様々なものがあります。

海外ファンドは多くの投資家から資金を集め、その資金を投資のプロであるファンドマネージャー
と呼ばれる運用責任者が、世界の株式や金融先物、債券、商品先物などに分散し、米ドルやユーロなど様々な通貨を使用して運用する投資商品です。



なぜ、私が海外ファンドを勧めるのか?
その理由は明確です。

それは海外ファンドが
今流行のFXなどよりも安心できる仕組みで堅実に利益をもたらしてくれる投資商品
だからです。

現在の複雑な市場環境では従来の資産分散のように定番であった株式と不動産、そして定期預金という資産運用三分法が通用しなくなってしまい、新たな資産分散方法で資産を分散させる必要があるのです。
その新たな資産分散方法の核となる手法が海外ファンドです。



バブル時代には日経平均株価は3万8915円(1989年12月)の史上最高値を記録した株価もバブル崩壊後に下がり続け、2003年4月には7000円台まで暴落しました。

その後、外資系の買い入れや小泉政権への期待、個人投資家による株ブームなどを背景に1万8000円台(2007年2月)にまで戻ったかと思うと、2007年後半に起こった世界同時株安やサブプライムローン問題の影響から下がり続け、2008年の世界同時不況の影響でさらに悪化したのは周知のとおりです。

私は長期的に見て日本株が上昇し続けるのは無理があると考えています。
その理由はまず国と地方の借金が1100兆円もあり、しかも毎年30兆円以上の借金が増えているという
大問題を抱えているからです。

さらに世界的に見ても類を見ないほどのスピードで少子高齢化が進んでいることも大きな問題です。
若い人が減るということは供給も需要も減ってしまいますので、日本の活力も低下していきます。

こうした日本の財政赤字と少子高齢化によって、事実海外では日本への投資を危惧する声も高まっています。

また、株には銘柄選択や売買タイミングなどの専門知識が必要ですし、ファンドと違って単独銘柄への投資となることから、どうしても値動きが激しくなってしまいます。

株価が下がったら損切り、株価が上がったら利益確定ができる人ならばリスクを抑えながら収益を狙うことも可能ですが、実際には人間の欲をコントロールするのは難しいですし世界同時株安のようなことが起これば、気持ちは仕事どころではなくなってしまいます。

さらにリスクは価格変動だけではなく、株価の価値はライブドア株のように株式の発行元の破綻や不祥事、経営悪化などによって、大きく左右されるといった信用リスクも伴うため、最悪の場合は価値がゼロになることもあります。


ところが私が運用している海外ファンドの中には元本保護という非常にリスクの低いファンドもあります。

リスクが低いとはいえ年間のリターンが12%もありますので、3万米ドルが1年後には確実に3万3600米ドルになるのです。

これを複利で運用することで6年後には2倍に膨れ上がります。
もちろんこれは仮説の話ではなく、このように実際に運用された実績です。




海外ファンドには、元本保護型ファンドと非元本保護型ファンドがあります。
前者の中には、元本保護だけを確約しているものと、リターン率まで確約するものがごく少数あり、いずれも安全性の高い投資商品といえます。
一方の非元本保護型海外ファンドは、うまくいけば非常に高いリターンを望めますが、投資する側にもリスクを求められる投資商品です。

・元本保護型海外ファンドの仕組み
確かに元本が保護されている投資商品なんて、都合のよい話に聞こえるかもしれませんが、なぜ元本が保護されるのか、その仕組みについてご説明いたしましょう。

元本保護型海外ファンドは、集まった資金を基本的に長期運用することで安全に資金を確保していく形の投資を行います。

つまり運用資金のおよそ60%をAAAクラスの米国債などに安全に投資して、長期にわたって運用することで、元本と同じ金額に達するように設定されています。

そして残りの40%の運用資金は、ハイリターンを望める投資対象に対して積極的に運用していきます。

このようにして、元本を確保するローリターンの投資と、ハイリターンを目指す投資の両方を組み合わせて高いパフォーマンスを実現していくのです。
ただし、ハイリターンの投資がうまくいかなかった場合は、元本保護のみで、リターンが出ない場合もあります。

12%のリターンを確約する元本保護型海外ファンドの場合は、ファンドオブファンズという投資方法を取ります。ファンドオブファンズというのは、優秀なファンドを選んで、それらに分散投資する方法です。

具体的には、過去10年間の実績が年間16~30%という大変優秀な非元本保護型の自社ファンドに投資し、12%というミドルリターンの確約を可能にしています。
ただ、この場合、12%を超えるリターンが出たときでも、リターンは12%しか出ませんのでご注意下さい。

元本保護リターン確約型海外ファンドは、さすがに世界でもレアケースですが、1年ごとにリターンが確実に発生するこのファンドは、退職金などを資金とした資産運用をお考えの方には最適のファンドといえます。

元本保護型海外ファンドは、以上のように資金を運用することで、リスクを最小限にとどめつつ、元本を保護することができるのです。


海外ファンドにはもうひとつ、FXや国内株式投資などと異なる点があります。

それはそのファンドがファンドマネージャーと呼ばれるプロの専門家によって運用されている点です。

日本の投資信託にもファンドマネージャーは存在しますが、その多くがサラリーマンであり、運用成績にかかわらず安定的な給料がもらえるのに比べ、海外のファンドマネージャーは投資家からの成功報酬が直接の収入になり、運用成績次第では莫大な収入を得たりクビになったりするため、自らも資金を投じて運用して投資家に真剣さをアピールするなど、ファンドマネージャーの投資に対する真剣さも日本のファンドマネージャーに比べて非常に高くなっています。

また投資幅も広く、全世界の株式、債券、商品先物(金、小麦、大豆、エネルギー)、金融先物(為替)、中にはカジノ株などもあり非常に多岐にわたるためリスクヘッジができています。

つまり、海外ファンドは、FXや国内株式投資に比べ豊富なノウハウや運用先が多いことなどから、その運用収益が高くなっています。

しかしながら、すべての海外ファンドが優秀なわけではありません。
そのため、海外ファンドで資産を増やすためには優秀なファンドをいかに探し当てるかが非常に重要になってきます。


私は、友人・知人から資産運用に関するご相談を受けることがあります。
なかでも最近特に多いのが、メディアの報道やインターネット広告を鵜呑みにして、無理なレバレッジをかけたFX(外貨証拠金取引)を行ったり、株式投資で信用取引を安易に始めたばかりに、一瞬にしてすべての資産を失ってしまった方々からのご相談でした。

そうした話をうかがうたびに、もう少し早く私にご相談してくだされば、有効なアドバイスができたかもしれない、と思うことが多々ありました。

というのも、私にはまだあまり日本では知られていない、海外ファンドという優れた投資のノウハウがあったからです。
海外ファンドは非常に優秀で安定した投資で、私も実際に自分の資金で運用して利益を上げています。

現在も、そして将来も、厳しい経済環境が予想されている日本で、一人でも多くの方々が安心して暮らしていくためには、自分自身で暮らしを守るための経済的な余裕が必要です。

そして、多くの方々が豊かな生活を送ることによって、社会は活性化し、同時に安全な社会が実現できると私は考えています。

海外ファンド投資は、少ない人たちで独占すれば利益が上がる、という種類の投資術ではありません。
むしろ、多くの人たちが投資することによって運用資金が大きくなるので、より利益を出しやすくなる、と言っても過言ではありません。

多くの方が短期的な投資方法で利益を得ることを考えています。
そのようなやり方ではなく、長期運用することによって大きなリターンを得る投資方法があることを知っていただく方法はないか。
そのために自分のノウハウをもっと広く周知すべきではないかと考えました。
その媒体としてインターネットというメディアは有効なものだと考えるに至ったのでした。
そこで私はこのマニュアルを執筆することにしたのです。

危険の多い世の中ですから、あなたご自身でも海外ファンドについて徹底的に情報を調べてみてください。
そして納得されたうえで、ぜひ1日でも早く海外ファンド投資に着手してください。

このマニュアルはその大きな手助けになると私は考えています。

しかしながら海外ファンドは当然メリットばかりではありません。

優秀な海外ファンドに投資するためには少なくとも3万米ドル以上の自己資金が必要ですし、一般的に海外ファンドを購入するためには、英語でやり取りをしたり、実際に海外に直接出向かなければ投資することができません。

この参入障壁の高さが海外ファンドが一般に広がらない大きな理由のひとつでもあります。

そこで私はこれまで出版した本では書ききれなかった、実際に海外ファンドを買うまでの方法を詳しくまとめました。

これさえあれば一部の富裕層だけが味わっていた海外ファンド資産運用の「素晴らしさ」をあなたも味わうことができます。


森先生の勉強会やマニュアル内で推薦されているファンドの本数が少ないことで、逆に、信頼のできるものを迷わず安心して選べました。
元本保護型のものを1000万円ほど購入いたしましたが、日本株、投資信託、変額個人年金など、すべてが購入価格を大幅に下回っているなかで、元本保護、高リターンのものがひとつでもあることが心強いです。

初めての海外投資で不安でしたが、説明も親切でしたので、安心して購入に踏み切ることができました。
本当にありがとうございます。
S様 女性 50代


このマニュアルでは、参入障壁の高い海外ファンド投資方法を分かりやすく公開します。
ここではその内容の一部を公開いたします。


これまで正しいとされてきた「預貯金」「株」「不動産」へ投資する「資産運用三分法」が現在の複雑な市場環境では通用しなくなってしまいました。

そこでこれからは世界で通用する「海外ファンド」を取り入れた全く新しい「新・資産運用三分法」をご提案します。
この「新・資産運用三分法」を実践していただければあなたの資産は雪だるま式に増えていくでしょう。




海外ファンドを実際に購入する前に、必ず知っておかなければならないいくつかの鉄則が
あります。その鉄則を知らなければいくら海外ファンド投資といえども利益を上げることは困難です。
ここでは海外ファンドを購入する際の鉄則をお教えします。
この鉄則を知っていれば海外ファンド投資で成功できるでしょう。




実際に海外ファンドを購入する際にはどこでどのような手続きを踏んで購入すればよいのか、購入の際に必要な書類にはどのような種類があり、記入はどのように行えばよいのかなど海外ファンドを購入する際に必要な情報を分かりやすく書きました。
これさえあればあなたも敷居の高いとされている海外ファンド投資にもチャレンジできます。




安全な代理店を選べないといくらあなたが優秀な海外ファンドを見つけ出したとしても、無駄な手数料を取海外ファンドはファンド代理店という場所で購入します。られたり下手をすると購入を希望するファンドを購入することすらできません。
ここでは安全で優秀なファンド代理店の選び方や注意点などをご紹介しています。
この選び方を知っておけば優秀なファンド代理店で希望のファンドを安全に購入することができます。




海外ファンドはいくつかの手続きを取らなければ購入・解約・移管・住所変更・ファンド
代理店変更などを行えません。
ここでは実際に使用されている各種書類を参考例としてあげて、その記入方法や手続きをする際の注意点、流れなどを解説しています。
ここを押さえておけば、海外ファンドの各手続きをスムーズに行うことができます。




あなたは今の日本の銀行に何も違和感を感じませんか?
そうだとしたら、あなたは損をしています。
実は海外の銀行は日本より手数料なども安く、金利も高いのです。
金利が高いということは、海外銀行で資産運用したほうが、日本の銀行で運用するよりもあなたの資産は格段に早く増えていくでしょう。

ただし海外の銀行口座を開設するためにはいくつかのステップがあります。
マニュアルではこの銀行口座を開設するまでのステップについても詳しく解説しています。



FXや株式投資などの投資商品の値動きに一喜一憂しながら毎日生活しなくてもよくなります。
投資にかける時間を他のことに使うことができます。
日本が万が一破綻してもお金に困らない生活を送ることができます。
老後の生活の心配が要らなくなります。
子供や孫、さらにはひ孫の世代にまであなたの資産を残すことができます。
自分の好きなものを好きな時に手に入れることができます。
自分の資産運用で悩むことがなくなります。
海外移住など、将来の人生における選択肢が増えます。
老後にあくせく働かなくてもよくなります。
住宅ローンに悩まされることがなくなります。
自分の家族に不自由な生活をさせなくて済みます。
今後の人生における金銭的な不安を解消することができます。
自分の自由な時間が増えます。
長期運用すれば、憧れの「ミリオネア」になれるかもしれません。



ファンドによっては年によってリターンに変動がある場合があります。
優秀なファンドの過去の実績が将来の実績になるとは限りません。
海外ファンドへの投資は成果の出ることを保証するものではありません。
海外ファンドは長期運用することで利益を得る投資商品です。
海外ファンドには為替変動によるリスクがあります。
途中解約すると手数料が発生する場合がありますのでご注意下さい。
長期運用や解約手数料などの関係上、余裕ある資金で運用することが必須条件となります。
運用がうまくいかないファンドは、当初の投資総額が30~40%になると解散することもあります。

【投資に係るリスクおよび手数料について】
当商品は、マニュアルで書いている内容と同じような利益が出ることを保証するものではありません。
投資はリスクを伴いますので、場合によっては損失を被る可能性があります。
ファンドの購入には購入手数料がかかるものや解約手数料がかかるもの、何年か持っていれば何もかからないものがあります。


このノウハウは実際に私が実践して、数多くの失敗を繰り返した結果導きだしたノウハウであるだけでなく、海外ファンドを購入するフローが詳細を詳細に書いています。

一般に投資助言・代理業者は1回のご相談で数十万、もしくは投資額に応じてさらに高額な相談料が発生します。

今回、私は海外ファンドノウハウをすべてこのマニュアルに書きましたので当然のことながら同等の価値があります。

しかしながら、できるだけ多くの方に知っていただきたいノウハウですので、
販売価格は300名様限定ではありますが、特別価格4,800円にさせていただきます。






本編PDF162ページ+特典等46ページ
300名様限定価格 ¥4,800








お支払方法はクレジットカード・銀行振込・郵便振替・
コンビニ決済・BitCash・代引き交換が可能です。



世界最高の信頼と安心の証であるベリサイン社のSSLキーを使用しています。
ベリサイン社のSSLキーを取得するには信頼できる実体のある会社である必要があります。








これから海外ファンドを始める方は具体的にどのファンドを購入したらよいのかなかなか分からないと思います。
そんな方の為に私が推奨する海外ファンドを全19ファンド、機関投資家や日本人に人気のあるファンド全10ファンドをご紹介しております。
具体的なファンド名はもちろん、各海外ファンド会社の説明から過去の運用実績、手数料や最低投資金額、追加投資金額、ファンドの形式まで細かく解説しています。




海外ファンドには分かりにくい金融用語などが多く、海外ファンド投資をしたことがない人には何のことなのかさっぱりわかりません。
そこで今回、海外ファンドに関連する専門用語などを分かりやすく解説したオリジナルの用語集を作成しました。
この海外ファンド用語集は初心者にはとても重宝する資料です。






「1年12%確約元本保護型ファンドなんかあるわけがない! あれば、それは詐欺ですよ!」
と、取引のある証券会社や銀行の担当者に言われました。
そして、「日本の投資信託が絶対良いです」とも言われました。
今、私が投資した元本保護型ファンドは、米ドル換算で順調に増えています。
ところが、詐欺だと言った証券会社や銀行の投資信託は、40%以上下がっています。
私は、どちらが詐欺なのかと言いたい。 
元本保護型ファンドを購入できたので本当に感謝しています。
F様 男性 40代



このマニュアルには返金保障がついていません。
私は純粋に「少しでも多くの資産運用でお困りの方にノウハウを提供する」という目的で
本マニュアルを執筆いたしました。
そのため、本来では数十万円はするノウハウを4800円という極めて手に取りやすい価格でご提供しております。

上記の理由から、本マニュアルには返金保障というものがついていません。
あらかじめご了承下さい。

※本マニュアルはご購入されるお客様の利益を保証するものではありません。
また、マニュアル内で取り扱う商品は金融商品ですので、マニュアル内に記載されている方法を
ご利用された際に発生する不利益について当方では責任は負いかねます。




最初、このマニュアルでは元本保護型ファンドや過去の実績での右肩上がりのファンド情報をメインにしていると聞き、あまり利益が出ないのではと思いました。
しかし2008年までの運用成績を見て、このマニュアルの考え方が一番正しいのではないかと考えるようになりました。
とにかく、長期投資での複利運用と確実なものを狙うことが一番良い投資方法ではないかと思いました。
私の友人に、ある会に入り海外ファンド投資をしているのがいます。
数年前は、儲かっていると言っていましたが、最近では大幅にマイナスになったといって言っています。
その会では、非常に超ハイリスクハイリターンのファンドも勧めています。 
利益が出ているファンドもあるのですが、超ハイリスクハイリターンのファンドが2007年、2008年の金融危機で大幅に下がったそうです。
ポートフォリオについての考え方を知らなかったので、すべて比例配分で投資していたそうです。その為ため、被害を受けたそうです。
このマニュアルでは、リスクの高いファンドは勧めていないので安心しています。
T様 男性 30代





このマニュアルを買えば必ず儲かりますか?
マニュアルをご購入いただいても、常に変動する金融商品を取り扱うため利益を保証することはできません。

相談やサポートは付いていますか?
このマニュアルには相談やサポートといったサービスは一切ついておりません。
別途、株式会社グローバルレポートの有料会員サービスではメールや電話での相談等を行っています。

海外ファンドはどこで買えますか?
このマニュアルで書かれている推奨ファンド等は、海外のファンド代理店でのみ購入可能です。海外ファンドの購入料(または投資金)は、外国ファンド会社に直接送金します。なかには自分の会社に直接資産を振り込ませる悪徳業者も存在しますので十分にお気をつけ下さい。また、、購入する場所によって取り扱っているファンドの種類や本数は異なりますので十分な確認が必要です。


海外銀行口座を開設しないと海外ファンドは購入できないのですか?
海外銀行の口座を持っていなくても海外ファンドを購入することは可能です。
しかし、日本の銀行で通貨の変更や送金などを行うと海外の銀行よりも手数料が大幅に発生してしまいます。
海外ファンド投資を長期的に行う際には海外銀行の口座を開設しておくのがお勧めです。

私は全く英語などの外国語が喋れないのですが、大丈夫でしょうか?
海外銀行で口座を開設する際や海外ファンドを購入する際に、ある程度英語でコミュニケーションが取れなければ手続きなどができない場合があります。
でもご安心下さい。そんなあなたのために別途有料ではありますが手続きを安全かつ簡単に行えるサービスをご紹介しています。

安全で優秀な海外ファンドの実名などは教えてもらえるのでしょうか?
もちろん安全で優秀な海外ファンドの選び方はマニュアル内で解説しています。
さらに、これから海外ファンド投資を始める方のために、特典「推奨優良ファンド一覧」にて極めて安全な元本保護型ファンドや過去の実績で右肩上がりの優秀な海外ファンド19種類をご紹介しています。
ここに記載されているファンドを参考に、初心者の方でも海外ファンドをご購入いただけます。








次の投資に海外ファンドは最適です。

1.海外ファンドは、世界で約4万種類も運用されている、非常にポピュラーで安心感のある投資商品であり、幅広い選択肢がある。

2.海外ファンドには、きわめて低いリスクで年10%以上のリターンが見込めるものも用意されており、一般的な日本人に向いた投資術である。

3.サブプライム問題後も右肩上がりのリターンをあげている海外ファンドも多く、それらは日本の投信が軒並みマイナスであるのに比べて圧倒的に優秀である。

4.円高の今は、海外ファンドに投資する絶好のチャンスである。

5.ハイリスク・ハイリターンの海外ファンドも数多くあり、自己責任においてそれらに投資することも可能である。

6.株やFXは、毎日の金融情報に振り回されるが、海外ファンドは優秀な商品を選ぶだけで済み、株価や為替レートに一喜一憂せずに安心した投資生活が送れる。

ちょっと考えただけでも、このように海外ファンドをお勧めする理由はスラスラと出てきます。

もちろん、海外ファンドが万能であるわけではなく、デメリットもあります。
最低投資金額が高い、基本的には満期になるのを待ったほうがいい、為替差を考慮しなくてはならない…などがあります。

本書を執筆している森智紀氏は、これまでさまざまな投資を行なってきましたが、海外ファンドが一般の日本人に最も適しており、
なおかつ安全な金融商品であると確信し、この投資の普及に努めています。
海外ファンドについての関連書籍も多く出版しており、抜群の予測力を持ったプロの投資家として知られた注目の存在です。

森氏は、今後多くの日本人が老後の生活に困ることになるだろうと予測し、一人でも多くの日本人が年金に頼らない生活を送れるように、
本心からこの海外ファンドをみなさんに勧めています。

そして森氏が顧問をしているグローバルレポート社では、豊富な経験と多彩な人脈で、いま最も優秀な成績を上げている海外ファンドをピックアップし、情報提供をしてくれています。
ぜひ安心して「次の投資」の最優先案件として海外ファンドをご検討ください。


ペニーレイン社 磯部 則光様より






A LETTER OF RECOMMENDATION
I am delighted to read this wonderful electronic material and to be honored to write this recommendation letter.

Mr. Mori is a very serious and careful person. Mr. Mori has acquired a certain successful way from practicing fund investments and learnt from failure.

Some of Hong Kong people like high risk high return. On the contrary, Mr. Mori always says that Japanese prefer principal protection type or proven good historical performance investment. Otherwise, Mr. Mori will not consider it as a good fund.

Mr. Mori also says investing in a fund with high risk and high return is not an appropriate wealth management. At worst, it will destroy investors’ life plan
Therefore, Mr. Mori recommends a well performed and popular ‘MAN’ fund which is popular for German.

Herewith are Mr. Mori’s investment criteria:

* Looking for a well-performed fund for medium and long term in order to gain the compound interest return.

* Reviewing the portfolio at least once a year.

* Currency Diversification reduces the risk.

Please refer this manual for details. I highly recommend this electronic file is a very useful teaching material.


推薦状
森 先生は、非常に真面目で、慎重な方です。

ファンド投資をいろいろ実践して、また、失敗を繰り返しながら、確実な勝ちパターンを習得したようです。

香港人は、ハイリスクハイリターンを好みますが、先生は、日本人は、元本保護型ファンドか、過去の実績が良く堅いファンドでないと駄目だといつも言っています。

ハイリスクハイリターンのファンドを勧めることは、最悪の場合、購入者の人生計画が狂ってしまうと常に言ってます。

そのため、堅いことで有名なドイツ人に人気のあるマン社のファンドなどを勧めています。

先生の投資方法は、

1.良いファンドを探し、長期間持って複利運用を行うことです。
2.次に、年に1回ポートフォリオの見直しをすることです。
3.通貨分散を行う。


これらの方法が、このマニュアルに書かれています。
非常に素晴らしい電子教材だと思います。
私は、推薦いたします。

香港在住 投資家M様より




「海外にはこんなに魅力的な投資方法があったんですね。」

今投資と言えば株式やFXなどの為替取引がブームですが、レバレッジを利かせたりすることでリターンも大きいのですが、逆に一夜にして大きな損失を出してしまうこともあります。

しかも日々の値動きが気になってしまい仕事どころではなくなってしまいます。

その点、この海外ファンドの投資方法であれば、ほぼ確実に資産を増やしていくことができます。

著者の森さんご自身もこの海外ファンドによって資産を構築し、たくさんの投資家に対してアドバイスをされています。

またこのマニュアルを読むといかに日本円だけで資産を増やしていく行為が危険なのかがわかります。
投資家はもっとグローバルな視点でマーケットを俯瞰することで、堅実に資産を増やして行くことができるのだと思います。




株式会社モッティ 代表取締役 望月高清








海外ファンドの良いところはその利回りももちろんですが、やはりその道の真のプロのファンドマネージャーに運用してもらえる点に尽きます。

つまり諸事情による変動に一喜一憂することなく、資産を増やすことができます。

ここに平均リターンの運用表があります。



先程も申し上げましたが、あなたが3万米ドル(約300万円)を元本保護型の海外ファンドで年利18%で手堅く運用できた場合、5年で2.28倍、10年で5.23倍、35年で327.99倍にも膨れ上がります。

つまり300万円が、35年の住宅ローンを支払い終わる頃には9億8397万円にも増えてしまうのです。

これが海外ファンドの凄さであり、長期運用して資産を増やす最も堅実な投資方法だと私は思います。

短期的な運用成績に一喜一憂することなく、お金に働いてもらうことで
安心して資産運用ができるようになるのです。

もしあなたが今、何らかの投資で資産を運用しているのであれば、
この私の方法を知っておいて絶対に損はありません。

世界には日本では考えられないような利回りの良い堅実な投資商品がまだまだあります。

日本人投資家は今後もっと世界に目を向けるべきなのです。

ぜひあなたも海外ファンドの手法を網羅したこのマニュアルを手に入れて、
明日から資産を堅実に増やしていただければ私も嬉しく思います。









ページトップへ|特定商取引法に基づく表記
© 2009 http://www.kaigaifund.com/ All Rights Reserved.
produced by 株式会社モッティ










激安航空券



詳細を見る


トラックバック
トラックバック URL
http://lmuwfhba.blog72.fc2.com/tb.php/5417-d98b1461
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。