投資で勝負!
投資で勝利を勝ち取ろう
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

株価のラリーを楽しんで稼ぐ! スーパースイング投資術
勝組の投資方法を公開



株価のラリーを楽しんで稼ぐ! スーパースイング投資術


var win1;
function mail1(){
var s = document.getElementById("mailmagform1").value;
win1 = window.open('http://www.kabutomato.jp/kabutomato/mailMaga/checkMailMagaRegistration.do?mailmag='+s,'メルマガ登録', 'width=300, height=200, menubar=no, toolbar=no, scrollbars=yes');
}
function close1() {
if (win1 != null && win1 != undefined) {
win1.close();
}
}
// -->
function MM_openBrWindow(theURL,winName,features) { //v2.0
window.open(theURL,winName,features);
}








AC_FL_RunContent( 'codebase','http://download.macromedia.com/pub/shockwave/cabs/flash/swflash.cab#version=9,0,28,0','width','100%','height','500','src','title','quality','high','pluginspage','http://www.adobe.com/shockwave/download/download.cgi?P1_Prod_Version=ShockwaveFlash','movie','title' ); //end AC code













みなさん、トレードを楽しんでいますか?
なかには「トレードは苦痛だ!」「利益だけが欲しい!」という方もいらっしゃるようです。
残念でなりません。
私自身、証券ディーラーとして証券業界の第一線で毎日相場と戦ってきましたが、私にとってのトレードは快感にほかなりませんでした。
その快感をみなさまにも味わって戴きたい。
その一心でこのマニュアルを作成致しました。



上昇相場は悲観の中で生まれ、懐疑の中で育ち、楽観の中で成熟し、幸福感の中で消えていく。
たいていの上昇相場は、みんながさらなる株価下落の不安におびえているあいだにはじまり、まだ上昇しないだろうと疑っている間に、じつは上昇相場になっているのです。
そして、トレンドがハッキリと現れ、多くの投資家が「これは間違い無く上昇トレンドだ」と確信を持ったときに上昇トレンドは終わりに近づき、みんなが「買いだ!」と大騒ぎするなかで終わってしまう。相場の始まりと終わりはこのようにできているのです。

株式投資で成功するのは一部の投資家で、多くの投資家は思うような成果を挙げることができないのが現実です。
いったいなぜなのでしょうか?
その違いは実に単純です。
成功を収めている投資家は、「勘」を頼りに取引をするということは絶対にしません。
信頼のできる取引ルールにしたがって取引を繰り返し、限りなく勝率を高めていきます。
つまり、この「信頼できる取引ルール」を知っているのか、そしてそれを実行できるのか否かが、勝者と敗者の分かれ道なのです。



元証券ディーラーの山本伸一です。私はかつて証券会社に在籍し、プロのディーラーとして22年間、株式市場の第一線で戦い、結果を出してきました。
今回紹介するのは、私がディーリングルームで、一日で何億というお金を動かして、利益をあげていた、まさに証券業界の第一線で使っていた現場の手法です。豊富な取引経験と独自の研究によって、精度が高い投資手法であると胸を張って言うことができます。
この「テクニカル分析」を駆使した投資手法を、個人投資家のあなたにも身につけて頂きたいという一心で公開することに致しました。
私も証券会社でディーリングを行うようになって、すぐに大きな利益を出していたわけではありません。
入社当時は、「月300万円の利益」というノルマをこなすのに必死でした。
証券会社のディーラーには「これだけの利益を出さなければならない」という「ノルマ」が課せられています。損失を出せば即座に首になる厳しい世界です。しかも、いつまでに何十万円の利益を出さなければならないという時間もシビアに決まっているのです。
証券会社のディーラーというのは、ディーリングルームという特別な部屋に入ってディーリングを行うのですが、私が必死に「月300万円の利益」というノルマに四苦八苦していたのに、余裕で数億円をひと月に稼いでいた先輩ディーラーがいました。
月に3000万円以上稼ぐと、「社長賞」といって100万円程度の特別手当が出るのですが、その先輩はその「社長賞」などは「これみんなで使っていいよ♪」と後輩たちにポンと差し出す余裕。
それはそうです。月に3000万円以上ディーリングで利益を出していれば、ディーリングの利益の30%は自分のものになりますから、月に1000万円以上は稼いでいたことになります。そんな先輩にとって100万円程度の社長賞などは、たいしたお金ではなかったのでしょう。
私は何とかこの先輩に追いつき追い越したいと、必死に勉強を重ねました。
そんな私に先輩は「分析の仕方が間違ってるんだよ」と諭してくれたのを覚えています。
そうなんです。株の投資分析の手法は無数のようにあり自分でも勉強を重ねていたのですが、その使い方が間違っていたのです!
それから、私は勉強の範囲を絞り込みました。分析手法もある特定の分析手法をとことんまで追求し、さらに相性がいい銘柄を探し……。
ようやく、先輩と肩を並べるほど、数億単位の利益を生み出すことができるようになったのです!
信頼のできる取引ルールをついに見つけることができ、限りなく勝率を高めていくことができるようになりました。



 


株をやるようになって12年になりますが、なかなか利益がとれず、むしろ損失ばかりが膨らんでしまうということで、悩んでいました。
株価が5連騰したからそろそろ下がるだろう。連続して下落したのだから、そろそろ下げ止まるだろう……と、勘にたよって売買を繰り返していたのです。いま考えてみると無謀ですよね。毎日が不安だらけでした。株が下がるんじゃないか、どこまで下がるんだろうと、利益を取ろうと思って始めた株で、精神的な不安ばかり掻き立てられ、損失は膨らむばかり……。
そんな私に、山本さんから
「あいまいな基準を用いているから、不安に駆り立てられたり、判断に迷ったりするし、戦績も安定しないんです」
とのアドバイス。そこで運用ルールをうかがうと、
「シンプルで一貫性があり、小学生でも実行できるぐらいの簡単なルールがいい」とのこと。
以降は、山本さんのアドバイスにしたがって、株を買うときに、山本さん独自の買う理由と売る理由を、ノートに書き留めておくことにしました。
すると、どうでしょう。損失よりも利益の方が多く出るようになったのです。これまで株が明日どうなるのか気がかりで夜もうかうか眠れなかったのが、ぐっすりと眠れるようになったのです。
こんなことで株のストレスから解放されるなんて!
山本さん、素敵な方法を教えていただき、ありがとうございます。
 



 


山本さんに出会って最初に言われた一言を思い出します。
「何のために株の取引をするの?」
もちろん、儲けたいからです。
決まってます。
なんでそんなことを聞くのだろうと思ったのですが、山本さんのアドバイスを聞いていくと、自分がいかに損失に対して無頓着だったのかと思い知らされました。
チャートの形を見て「今が買い時だ!」と思って買ったつもりが、株価が下がっても「この会社は業績は悪くないから……」といつの間にか、その株を買ったそもそもの理由を自分で変えてしまっていたのですから、損が出ても言い訳ばかり考えてしまって、本来の「株は儲けるためにやるものだ」という本質から外れてしまっていたのです。
これでは損が出るのも当たり前です。
山本さんはそんな私の心を見抜いてくださっていたのですね!
いまは初心に戻って、山本さんのアドバイスに従ってトレードしています。山本さんの手法はシステムトレードに徹しており、単純明快なものです。
今でも、株を手仕舞うかどうか迷ったときには山本さんの言葉を思い出します。
「損は切って、利は伸ばせ!」
まさにその通りですよね。
リスクを押さえながら、利益をとことんまで追求するシンプルなトレード手法は、周りの意見に左右されやすい私にピッタリの手法だと思います。これからも、山本さんのトレード手法にしたがって、利益を重ねていきたいですね。
 


私がアドバイスをしている個人投資家の方からもっとも多く寄せられる質問は決まっています。
「いまはどの銘柄を買えばいいのでしょうか。お勧めの銘柄を教えてください。」
さらに詳しく話を聞いてみますと、こうした質問をする投資家の方に限って、すぐに話題の銘柄に飛びついてしまい、そのほとんどが売るに売れない「塩漬け」になっているケースがほとんどです。
つまり、「思いつき商い」を繰り返して、まったく利益につながっていないのです。このようなことを繰り返しているようでは、テクニックの上達どころか資金が底をついてしまいます。
そこで、私は一般投資家の方に、私が22年間の証券ディーラーの経験で培った、「信頼できる取引ルール」と「売買手法」を公開することにしました。なかでも、どなたさまにもわかりやすいように、誰にでも見ることができる「テクニカル分析」に着目した「取引ルール」を作成したのです。



株価を予測するためには、大きくわけてファンダメンタルズ分析とテクニカル分析があります。
「ファンダメンタルズ分析」は、企業の財務や業績といったデータをもとに、その企業の本質的な価値に注目する方法です。そして現在の株価がその企業が持つ本質的な価値と比べて高いのか、それとも安いのかを判断し、売られすぎと判断すれば「買い」、買われすぎと判断すれば「売り」を行います。
またときには、国内の景気動向や雇用情勢、GDP統計といった経済全体の流れから将来の株価を予測し、現在の株価が割安なのかそれとも割高なのかを判断します。
「ファンダメンタルズ分析」は長期的な投資スパンによる株価予測方法としては。ある程度の信頼性があるといわれています。
しかし、一方で決算のデータが会社の思惑によって市場予想よりも強気な予想になっていたり、弱気な予想になったりするので、業績が読みづらいということや、具体的な買い時が判断しにくいという側面を持っています。
つまり、投資をしようとしても、将来の企業の有望性や成長性はある程度は予測ができるが、その銘柄の具体的な「買い時」「売り時」がわかりづらいのです。
結果として、株価が騰がったとしても、「買い」のタイミングを逃してしまい、利益を得られない、または損失を被ってしまう場合も考えられます。
一方の「テクニカル分析」は、過去のデータに基づいて将来の株価を予測する分析方法です。
具体的には、株価チャートから株価の動きを反映する移動平均線や乖離率などの「変動指標」や、投資家の心理を反映するRSIやRCIなどの心理指標を読み取り、
「いつが買いか? いつが売りか?」
を数値的に判断として材料とします。
その面で、短期的な株式市場の動きを予測するには「テクニカル分析」のほうが適していると言えるでしょう。「テクニカル分析」を極めることが、まず株の上級者への第一歩なのです。



テクニカル分析では「ゴールデンクロスで買い」「デッドクロスで売り」などのシグナル、サインが出現します。
しかし、テクニカル分析を使って株の取引を行う場合、サインに従って取引をするだけでは「勝率」を上げる事ができません。「勝率」を上げるには、ちょっとした工夫が必要になります。
その工夫とは、「トレンドにしたがって、売買すること」。
このように答えると、「なんだ……」と失望してしまうかもしれません。
しかし、意外にもトレンドにしたがって取引をしていない人が多いのが現状です。
例えば、長期的に上昇トレンドにあるなかで、売買サインが出た場合次のような傾向があります。


また、その逆も同様で、長期的に下降トレンドにあるなかで、売買サインに従って取引をすると、


銘柄選別の際、上手く一定の範囲内で上下動を繰り返す銘柄を見つける事ができれば、テクニカル分析のサインをもとに「買い⇒売り」「売り⇒買い」の両方で儲けることも可能になるのです。このブランコのような動き、これこそブランコ=スイングトレードの醍醐味なのです。



まず、次の3つのチャートをご覧ください。
太平洋セメント<5233>で5日、10日、30日の移動平均線を示したものです。



では、この中のどれが指標として機能するのでしょうか。
(A)は、移動平均を5日で計算したものです。株価と同じような動きをしてしまい、売買シグナルの指標としては機能しません。
(C)は、移動平均を30日で計算したものです。30日だと移動平均線が株価から離れすぎてしまって、こちらもまた売買シグナルの指標としては機能しませんね。
そこで(B)を見てみましょう。これは移動平均を10日で計算したものです。10日の移動平均線は、株価のトレンドの転換点もよくわかり、売買シグナルの指標として機能していることがわかります。
このように移動平均線ひとつとっても、計算方法を間違えると指標として機能しなくなってしまうのです。
そもそも、移動平均は過去の株価の平均値ですので、計算期間を長く取れば取るほど、実際の株価の動きに遅れが生じてしまいます。一方、計算期間を短く取ると、今度は実際の株価と同じように動いてしまうため、指標として機能しなくなってしまいます。
つまり、ここでは真ん中の図のように、自分が行う取引期間に応じて計算期間を変え、指標として十分機能するように「最適化」を行う必要があるのです。



また、短期の移動平均線と長期の移動平均線を組み合わせて株価の反転シグナルを知る場合、「ゴールデンクロス」と「デットクロス」をサインにする手法があります。
短期の移動平均線が長期の移動平均線を下から上に抜くことを「ゴールデンクロス」といい「買い」シグナルを意味します。
短期の移動平均線が長期の移動平均線を上から下に抜くことを「デットクロス」といい「売り」シグナルをあらわします。
このときの移動平均線の組み合わせは、日足の場合ですと5日と25日、もう少し長い期間で見る場合には25日と75日がよく使われます。
しかしこの組み合わせも、ご自身のトレードの期間や、相場状況、銘柄によって変えるなど、精度を高めるための「最適化」を行わなくてはなりません。
先ほど例に挙げた「太平洋セメント<5233>」で見てみましょう。

トレンドの確認はできますが、売買タイミングが判断しづらいですね。

移動平均線が株価から離れすぎており、指標としては使えないことがわかります。
それでは、10日と25日移動平均線の組み合わせはどうでしょうか?

このチャートからは以下のような投資判断が可能になります。

ゴールデンクロスのあと、株価が10日移動平均を下回ってしまったので買うのを止める。(「空売りをする」という判断も可能)
ゴールデンクロスのあと、株価が10日移動平均で反転し、上昇を始めたのを確認してから購入
デットクロスのあと、反発した株価が10日移動平均線を越えることなく下落に転じたので、空売りを仕掛ける。
デットクロスのあと、反発した株価が10日移動平均線を越えて上昇を始めたので空売りは止める。(「購入する」という判断も可能)

このように、テクニカル分析でも指標の見方を変えて最適化することによって、テクニカル指標を売買タイミングとして使うことができるということがわかりますね。
『スーパースイング投資術』は、このようにテクニカル分析をただ解説するだけでなく、極めて実践的に、売買タイミングとして有効かどうかまで、解説しているのです。



テクニカル分析に難色を示される投資家の方もいらっしゃるのも事実です。
まず、世の中に出回っているテクニカル分析の多さ。一目均衡表やペンタゴンチャート、エリオット波動理論、ボリンジャーバンド……など、非常に多くの分析方法があります。
これらに惑わされて、使いこなすことができずに考えるのをやめてしまった投資家の方々も過数多くいらっしゃったのではないでしょうか、
また、やっとの思いでテクニカル分析手法を覚えたとしても、今度は計算どおりに株価が動かず、結局、「テクニカル分析はあてにならない」と思ってしまわれる方もいらっしゃいます。
しかし、ディーリングの現場では、多くのプロディーラーがテクニカル分析を駆使して、多くの利益を上げているのも事実なのです。
では、なぜ私も含めたプロディーラーは、利益を上げられるのでしょうか?
テクニカル分析で大きな利益を上げているプロディーラーに共通する項目があります。

テクニカル分析を知っているといっても、それがすべての銘柄に当てはまるというわけではありません。銘柄によっては、RSIが有効に作用するものもあれば、MACDが最適に作用するものもあります。自分の得意なテクニカル分析とそれが当てはまる銘柄を何種類か見つけ出して活用することです。本マニュアルでは、そのために必要なノウハウが詰まっています。

テクニカル分析といっても、移動平均線だけを覚えても、それだけで勝てるほど株の世界は甘くありません。テクニカル分析には「ダマシ」と呼ばれるものが存在します。「買い」のシグナルは出ているのに、実際は株価は下がってしまった。テクニカル分析でこのような経験をされた人も多いでしょう。そこで有効なテクニックとして、いくつかのテクニカル分析を組み合わせるという方法をとります。たとえば、MACDとストキャスティクスが同時にゴールデンクロスした銘柄だけを狙う……など、複数のテクニカル分析を組み合わせて、精度を極限まで高めていくのです。

トレードにおいて、買い(入口)と売り(出口)のタイミングは重要です。たとえば、あなたがこの銘柄は株価がきっと上がるはずだと思って買うとします。しかし、思うように株価は上がらずに、手仕舞うことになってしまった。何が悪かったのでしょうか。普通は、銘柄が悪かったと思うでしょう。しかし、銘柄選びは実はそれほど問題ではありません。銘柄選びより大事なことは、その銘柄を「いつ買って」「どうなったら売る」のか、という銘柄選びのタイミングなのです。
いくら優良銘柄であっても、天井圏でつかんでしまってはそれより高く売ることはできません。どのような株でも上昇と下降の波があり、それをどれだけうまくつかまえられるかによって、株で勝つ方法が違ってくるのです。
テクニカル分析を使って利益をあげているディーラーはこの3つの項目を必ず守っています。
テクニカル分析を登山に例えれば、「分析方法を覚えた」というだけでは、山のふもとに着いたに過ぎません。
頂上を目指すには、どのルートが自分にあっているのかを探しあて、道に迷わないよう確実なルールを基に一歩ずつ着実に登っていかなくてはならないのです。
そのためのプロのディーラーも使っている道しるべが本マニュアルなのです。





 

まずは、「一部でもいいから読みたい」という方のために、
サンプル版をご用意しております。
下記のメールアドレス登録フォームにて、メールアドレスを送信ください。





 




折り返し、本教材のサンプルと、
さらに【妥当株価のカラクリに迫る!】の投資戦略レポートも無料でお贈りします。
※Yahooメール、Hotmailなどのフリーメールで、
弊社からのメールが届かないというトラブルが発生しております。
フリーメール以外でのご登録をお勧めします。
 



 


山本さんに出会う前は、「前回損を出したので、今回こそリベンジしてやる!」という感じで、同じ銘柄をいつまでも追い続けていました。
いま、話題になっている銘柄だから……これを逃しては損をしてしまう……そんな思いに駆られていたのです。
自分が買うと株価が下落し、売ったとたんに上昇することほと悔しいものはないんですよね。でも、おかしなものでなかなかこうした儲からない銘柄には、「今回こそは……」と思ってしまうのです。
そんな私に、山本さんは、「一度儲かったことのある銘柄は、売買のタイミングや指標のサインなどが自分の投資スタンスにあっている銘柄だから大事にしないとね」と優しくアドバイスしてくれました。
同時に「損をした銘柄はあなたの投資スタンスにあっていないのだから、見るのをやめてしまいなさい」とも。
そこで、損をした銘柄を見ないようにして、銘柄を過去に勝った記憶が強い10銘柄ぐらいに絞ったら……おもしろいように利益が出るようになりました。
何か努力をしたというわけではなく、銘柄を絞り、あとは投資マニュアル通りに行動しただけです。
株で勝つことはこんなにシンプルなことだったんですね。
ぜひ、この喜びをみなさんとも分かち合いたいです。
 



 


私は株の取引経験があまりありませんでした。なので、銘柄選びに四苦八苦していたのを覚えています。日経新聞の1面に載ったものを無条件で買い、損切りを迫られたことも多々あります。
そこで山本さんに相談すると、
「まず新聞の株価欄でもチャートブックでも結構ですので、一度ゆっくりと眺めてみなさい。一つ一つ順番に見ていくと、気になる銘柄が必ずあるはずだよ」
とのアドバイス。
でも、それをどこで買ったらいいのかわかりません。これが本当に買ってもいい株なのかどうかも、判断がつかない状態でした。
それでも、山本さんのアドバイスにしたがって、気になった銘柄をリストアップして、「そろそろ底かな…」「そろそろ天井が近いかな…」などと感じたらその価格をメモするという地道な作業を続けていきました。
最初はシミュレーションをしていたんですが、ぜんぜん当たりませんでした。しかし、この手法を信じて、とりあえず続けて見ることにしました。
1週間ぐらい経つと、明日、この株がどういう動きをするのか、自分なりにわかってきたのです。もちろん、テクニカル分析のサインもわかるようになってきました。
まさに悩まないで投資ができる「スーパースイング投資術」です。驚きでした。
一度身につけてしまえば、ほぼ永久的に使える手法だと思います。
山本さん、本当にありがとうございました。
 



 


これまで、テクニカル分析で悩んでいたのは、「ダマシ」の存在でした。
テクニカル的には「買い」だったはずなのに「ダマシ」によってどうすればいいのかわからなくなる。だからテクニカル分析はさほど重要視しなかったのです。
でも、このような悩みを山本さんに尋ねると、
『「ダマシ」は私達を騙すだけではありません。時には重要なサインを示現してくれるんです』
とのこと。
たしかに上昇トレンドに入ったと思って株を買っても、それが確実な上昇トレンドだとは限らないんですよね。
「ダマシ」が出たら「早めにポジションを解消し、しばらく様子を見る」、というのもひとつの選択肢だったということに気がつきました。
「ダマシもシグナルのひとつだ」という山本さんの意見に凄く納得です。
これからは「ダマシ」に振り回されるのではなく、「ダマシ」を上手く利用して、投資効率を高めていきたいと思います。
 



それでは、本教材、「スーパースイング投資術」のすべてを公開致しましょう。


 

 


もちろん、多彩な図版でわかりやすく解説しています。




本教材にご購入いただく皆様は、本質的に株式にご興味がある、または実際に株式投資を行っているという方々ばかりだと思います。
そのような個人投資家、そして投資家予備軍のために、資産運用をサポートするための各種特典をご用意しました。







さて、このテクニカル指標にしたがって売買をしていくだけで、利益のチャンスが何倍にも広がる株式投資のテクニック。相場のストレスから解放され、悠々とした株の取引で利益を得る機会を手にできる株式投資の完全マニュアル。
お値段はおいくらだと思いますか?

驚かれましたでしょうか。インターネット上の教材ビジネスでは、数万円、中には数十万円の教材や投資ソフトも珍しくありません。2万円を切る価格での投資ノウハウの販売には「安かろう悪かろうなんじゃないの?」という問い合わせのメール・お電話もいただきます。
しかし、考えてもみてください。教材自体はPDFファイルです。ダウンロードしていただくことにより、在庫を抱えずに販売することができるのです。それがどんなに値千金のノウハウであっても、量産コストはゼロなのです。
もちろん、私たちもビジネスである以上、価値あるノウハウを無料で配りまくることはできません。
しかし、個人投資家にとって、投資手法を購入することが目的であってはならないのです。
教材を購入し、そして投資を行っていただくために、なにより投資により多くを資金を回していただくために、私どもでは教材価格は2万円を超えるものであってはならないと考えています。
もちろん教材の内容に自信があってのことです。この手法は、現在の株式市場のシステムが変わらない限り、使い続けることができる手法です。
全体が上昇している相場で、株で利益を獲るということは、基本中の基本です。しかし、急落相場や混迷相場で利益を出すためには、テクニックが必要です。
ぜひこのマニュアルで、株式投資で安定して、大きな利益をあげてください。




インターネット上のインフォトップ決済カートにてお客様情報をご入力の上、ご決済ください。すでにインフォトップでのご購入の経験がおありの方は、メールアドレスとパスワードのご入力だけでお求めになれます。
PDFダウンロード版と、書籍版がお選びいただけます。書籍版に関しては、印刷・製本・郵送手数料として3000円をいだたいております。ポストへの投函となりますので、予めご了承ください。

インフォトップ電話オペレーターへのご注文。またはFAXでのご注文が可能です。こちらも、PDFダウンロード版と、書籍版がお選びいただけます。
【お支払方法のご案内】

本文、および本商材、メールマガジンなどは、投資の参考となる情報の提供を目的としております。投資にあたっての意志決定、判断は、あくまでもご自身の責任でお願いします。情報の内容に関して万全を期しておりますが、これを保証するものではありません。また、これらの情報に基づいて被った如何なる損害についても弊社は一切の責任を負いかねます。
当商品は、著者と同じような利益が出ることを保証するものではありません。株式取引は価格変動リスクを伴いますので、場合によっては損失を被る可能性があります。また、株式取引には取引業者の売買手数料がかかります。予めご了承ください。





デイトレードなどの短期売買では一日のうちに完結しなければならないため、得られる利益はも数%程度とたかがしれています。それなのに、株価は下がる時はあっという間です。資産効率という面で非常に不利な取引方法なのです。
その点、スーパースイング投資法は一回の取引で大きな利益を取りに行きます。しかも、1週間~2週間で利益を確定させます。そして、その利益を次の投資にも回していくのです。デイトレードのように小さな利益を重ねて、一発大損をして資金を無くすよりも安全で、なおかつ、長期投資では味わえないダイナミクスを味わうことができるでしょう。

デイトレーダーを見ていると情けなくなる時があります。なぜこんなに一所懸命にパソコンの前に張り付いて、スキャルピングをして結果的に損失ばかり抱え込まなければならないのだろう……と。
スキャルピングとは、デイトレの手法でわずかな利幅狙って短い時間で売買を繰り返すことです。スカルプとはもともと敵の頭の皮をはぐという意味。デイトレーダーが、短時間の売買でわずかな利幅を掬い取る取引方法です。
利は少なく、労力は多い。しかも損失を抱えるリスクもある。一時期のデイトレブーム、FXブームで「スキャルピングは最強の投資手法だ!」などと唱えていたデイトレーダーもすっかりと姿を消してしまいました。
スーパースイング投資術は、昼間忙しいサラリーマンの方でも、「勝てるルールを身につければ、少ない資金で収益をあげられる」投資手法です。
ただし、万一の場合に備えて、「損失を回避するための取引ルールづくり」は大切です。
また、「どのようにしてスイングトレードに適した銘柄を探し出すのか」、さらには「売買タイミングはどのように判断すればいいのか」についても、明確なルールを決めておく必要があります。
このマニュアルでご紹介するスーパースイング投資術は、
「最適な売買タイミングを判断するためのテクニカル分析活用法」
と、
「スイングトレードに適した銘柄を探すテクニック」
に焦点を絞って、どなたにもわかるように、シンプルにまとめました。この投資手法をマスターすれば、あなたもスイングトレードで利益を大きく出せる可能性が飛躍的に高まりまることでしょう。
「勝てるルール」さえ身につければ、時間に振り回されることはありません。自分の都合のよい時間帯に取引すればよいのですから。指値、逆指値を入れておけば、板情報を見なくてもらくらく大きな利益が期待できます。
「勝てるルール」を身につけましょう!
「勝てるルール」を身につけて、ぜひスイングトレードの醍醐味を味わってください。






本文、および本商材、メールマガジンなどは、投資の参考となる情報の提供を目的としております。投資にあたっての意志決定、判断は、あくまでもご自身の責任でお願いします。情報の内容に関して万全を期しておりますが、これを保証するものではありません。また、これらの情報に基づいて被った如何なる損害についても弊社は一切の責任を負いかねます。

特定商取引法に関する表記
プライバシーポリシー
ご利用規約




Copyright © Growth Advisors All Rights Reserved.






詳細を見る


トラックバック
トラックバック URL
http://lmuwfhba.blog72.fc2.com/tb.php/5430-f9595075
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。